オンラインサロンは
こちら
公式ラインに登録して
無料でプレゼントをもらう

【永久保存版】2021年から始める残酷な格差社会を乗り越えるための投資のすべてについてまとめてみた

2021年 残酷 格差社会お金

こんにちはmasayaです。

2020年ももうすぐで終わりですね。今年は非常に格差を生み出した一年だったと思います。

金融資産を持つものはどんどん資産を増やして行くのに対して、何も持っていない人はその日の生活すらできないという

恐ろしいほどの格差社会が現実味を帯びています。

そこで今回は、2021年から始める残酷な格差社会を乗り越えるための投資のすべてについてまとめてみました。

2021年から残酷な格差社会になる

2021年 残酷 格差社会

格差社会はもう目の前までやってきています。

日本のサラリーマンは未だに『お金(給料)は貰うもの』だと考えています。

しかし、群れに属して安心する時代はとっくに過ぎており、

自ら狩りに行き成果を得る人だけが生き残れる時代が2021年だと思っています。

特に日本にいる10代や20代の若者は危機感持ったほうがいいと思います。

【これから大人になる日本の若者たちに伝えたいこと】世界中の若年層が失業し資産を持っている高齢者層の二極化の分断が進んでいる話
コロナ禍で世界中の若者が失業しており、 逆に資産を持っている高齢者層がさらに富を得ているような分断が進んでいます。 これは日本でも同じで益々格差が広がっていくばかりです。 今回は、世界中の若年層が失業し資産を持っている高齢者層の二極化の分断が進んでいる話についてご紹介します。

日本では稼げる知識やスキルなどを学んでいかなければ、中間層すらいられなくなっているのが現状です。

航空会社などは就職先の花形でしたが、

今ではコロナによって仕事がなく別の業界に働かさせられているような状況です。

また、飲食業で職を失った人たちはウーバーイーツで働くなど日雇い労働させられています。

その一方で私のように国から定額給付金のお金を貰い、

丸々投資をして数十倍に増やしているような人たちも現実にはいます。

つまり、よりお金がある人がさらにお金を得て、お金がない人はその日ぐらししているという

日本でも大きな格差社会が現実的になっているのです。

では、そんな大きな格差社会が生まれる中で、

今回はどのように自分が成長しなければいけないのかを私なりにまとめてみました。

2021年からスタートダッシュを切るために必要な考えが詰まっているのでぜひ活用してください。

株式投資

株式投資は若いうちから始めるべきだと思っています。

下のグラフは1802年に1ドルの価値だった現金、金、債券、株式がその後どのような価値になったかの推移です。

2021年 株式投資

現金1ドル→0.05ドル(マイナス20倍)
金1ドル→4.52ドル(プラス1.39倍)
短期国債→281ドル(プラス301倍)
長期国債→1,778ドル(プラス1,072倍)
株式→704,997ドル(プラス704,997倍)

現金はインフレしているので保有していても1ドルのままではありません。

当然これは日本円も同じで『100円がいつまでも100円の価値のまま』ではないんですね。

さらに、日本は今後少子化が進むので、そのような国の通貨は価値が下がりインフレします。

現状ではまだ円高なので『今のうちに資産価値あるものに投資するべき』です。

その一つの候補として、株式に長期投資することでインフレリスクを防ぎながら資産を増やすことができます。

しかし、株式投資をしたことない人が大半だと思いますが、日本には政府公認の良い制度が2つあります。

それは『つみたてNISA』『iDeCo』という2大制度になります。

これらは日本政府が国民のために投資しやすい環境を作ってくれた、

『政府お墨付きの投資案件』と言っても過言はないです。

これらどちらかの制度もしくは両方を活用し、株式市場全体にベットできる『ETF』で長期分散投資するべきです。

ETFについては以下の記事を参照してください。

【投資初心者にオススメ】株と投資信託のいいとこ取りな『ETF(Exchange Tradede Fund)』について徹底解説してみた
ETFとは『Exchange Tradede Fund』の略語で、日本語では『上場投資信託』と言います。 インデックス型の投資信託を株のように個人で売買できるといういいとこ取りな金融商品になります。 今回は、株と投資信託のいいとこ取りな『ETF(Exchange Tradede Fund)』について徹底解説してみました。

では、それぞれの制度を紹介します。

つみたてNISA

2021年 株式投資

つみたてNISAは『最大年40万円(最大月33,333円)』でつみたて投資ができる制度です。

なんと言っても『国がお墨付きを得ている制度』なので利用しない手は無いです。

以下のデーターは投資期間と年平均リターンのちらばり方ですが、投資期間が長いほどプラスになります。

長期 積立投資

つまり、コツコツ長く投資し続ければ誰でも勝てるわけです。

通常では、つみたてした利益は課税対象なのですが、つみたてNISAは『なんと非課税』になります。

最長で20年間投資できるので若いうちに投資するべきだと思います。

つみたてNISAを始めるならどのETFを買うべきかという質問ですが、

『全世界株式』『全米株式』のどちらか好きな方をただ愚直に20年ホールドさせるだけで良いです。

全世界株式:全世界の株式を分散させているETF
全米株式:米国株式を分散させているETF

全世界株式のほうが先進国、新興国、などに分散されています。有名どころは以下の2つです。

全米株式は米国のみに集中して投資するETFです。有名所は以下の2つです。

詳しくは以下の記事を参照してください。

【永久保存版】2020年から始める!!つみたてNISAについて徹底解説してみた【コロナショックな今がチャンス】
世界がコロナショックによって株価が絶賛大暴落中です。 大暴落な今こそ投資を始めるベストなタイミングに来ています。 実際に日本でも2020年に入ってから投資を始めようと考えている方が多いです。 そうした投資初心者にやってほしいのは『つみたてNISA』です。 今回は、つみたてNISAについて徹底解説してみました。

iDeCo

2021年 株式投資

iDeCoは確定拠出年金制度になります。要するに自分だけの年金制度を作れます。

iDeCoのメリットは投資金額が控除扱いになるので、サラリーマンができる節税対策になります。

ただし、iDeCoのデメリットは60歳以上にならないと引き出しができないので、安定した職種の方に限定されます。

もちろん40になってから20年だけということもできるので、自身の職業や年収に合わせてやってみるべきだと思います。

iDeCoもつみたてNISA同様に全世界株式か全米株式のどちらかをひたすら投資するべきです。

他に難しく何かやる必要はありません。ただ愚直に全世界株式か全米株式をフルベッドしていけばよいです。

【永久保存版】2020年から始める!!iDeCo(個人型確定拠出年金)について徹底解説してみた【節税効果抜群】
新型コロナの影響で自分たちの老後に不安があったりすると思います。 当然、現役世代は公的年金だけでは生活できないどころか、年金を払っても支払われれない可能性もあります。 だからこそ、老後資金にオススメしたいのが『iDeCo(個人型確定拠出年金)』です。 公的年金とは違い、自分オリジナルのMy年金を作れるものです。 今回は、iDeCo(個人型確定拠出年金)について徹底解説してみました。

仮想通貨

仮想通貨市場は非常に今後熱くなると思っています。

というのも先程説明したとおり、どの世界も金融緩和を行っておりますので、

金融緩和された通貨はインフレリスクが高くなります。その対象として仮想通貨が最近注目されています。

私自身は『Bitcoinが5万円台の時から』注目して投資をしていたので古参の方です。

仮想通貨は一般人からすると未だに怪しいイメージがあるようですが、

全世界の時価総額ランキングですが、BitCoinはクレジットカード会社であるVisaを抜いて『11位』まで来ています。

仮想通貨 時価総額 世界

それだけすでに世界では大きな可能性や期待値があるということです。

ただ、仮想通貨が怪しいイメージが払拭できない人は無理に投資せずに、

長期で株式投資をしていけば資産形成は十分ですが、

株式だけではなく、仮想通貨もポートフォリオに入れたい人向けに投資しておくべき銘柄を簡単に紹介します。

Bitcoin(BTC)

2021年 仮想通貨投資

Bitcoinは仮想通貨の代表的にな銘柄です。『迷ったらとりあえずBitcoinに投資するべき』だと思います。

Bitcoinはデジタル・ゴールドと言われています。ゴールドは投資の世界ではリスク回避先の一つとして知られています。

Bitcoinの紙幣価値が金融緩和されている先のリスク回避先になっています。

仮想通貨のポートフォリオに確実に入れる銘柄の一つです。また、BTCが値上がりすると以下のような動きがあります。

BTCが値上がりする→BTCを利確する→アルトコインに投資する→アルトコインの価値が上がる

というようにBTCの利益がどんどんアルトコインなどの他の銘柄に投資されて、

さらにそのアルトコインの時価総額が上がっていきます。仮想通貨市場の引き上げになっているのがBTCです。

【2021年から始める】今更聞けないBitcoin(ビットコイン)を知らない人向けの完全攻略ガイド
2021年になってBitcoin(ビットコインを含めた仮想通貨が再度高騰しています。 そこで今回は2021年から投資する人たちのために、 今更聞けないBitcoin(ビットコイン)を知らない人向けの完全攻略ガイドを紹介します。

Ethereum(ETH)

2021年 仮想通貨投資

Ethereumはヴィタリック・ブテリン氏が考案し創業した仮想通貨になります。

dappsと呼ばれる仮想通貨を利用したアプリケーションサービスの基盤となる仮想通貨になります。

【2021年から始める】今更聞けないEthereum(イーサリアム)を知らない人向けの完全攻略ガイド
今回は2021年から投資する人たちのために、 今更聞けないEthereum(イーサリアム)を知らない人向けの完全攻略ガイドを紹介します。

Binance Coin(BNB)

2021年 仮想通貨投資

Binanceの独自の通貨になります。

Binance Coinは2017年にBinaceでの取引手数料割引用のユーティリティトークンとして発行されました。

世界の取引所を見ても取引量が一番活発なのはBinaceです。

Binance Coin(BNB)

Binance Coinの優れている点は、Binanceで上場されている

BTCやETHなどのすべての仮想通貨と取引が可能であるということです。

Binance Coinは四半期ごとにBinanceが得た利益の20%をBinanceが買い戻します。

そして買い戻したBNBをバーンします。バーンとは焼却という意味で発行量がこれによって減っていくため、

Binance Coinの価値は上昇するわけです。

Binance CoinはBinanceという取引所でしか購入できないので、もし購入する人は

Binance口座開設→クレジットカードでBitcoin購入→Binance Coinを購入

という流れが良いと思います。

【2021年から始める】今更聞けないBinance Coin(バイナンスコイン)を知らない人向けの完全攻略ガイド
今回は2021年から投資する人たちのために、 今更聞けないBinance Coin(バイナンスコイン)を知らない人向けの完全攻略ガイドを紹介します。

自己投資

自己投資は『自分自身にお金を投資してリターンを回収する投資の一つ』です。

自己投資をしている人が多いのですが、

自己投資している人の大半は『投資金額に対してリターンを回収していない』ですよね。

自己投資も投資の一環であり、投資はリターンを得るためにするのにその行為自体が目的になっているんですね。

【利回りを良くする】自己投資は投資金額を回収するまでがワンセットである話
自己投資していますという人が増えてきましたが、 自己投資とは『投資したお金を回収するまでがワンセット』なので、 回収することなく投資すること自体を目的にしている人が多いです。 今回は、自己投資は投資金額を回収するまでがワンセットである話についてです。

例えば、大学に入学して卒業することは、あくまでも『自分がなりたい・したいことの手段』です。

しかし、多くの人は『大学に入学して卒業すること』が目的になっているので、

投資するだけして、回収せずに満足しているわけです。

自己投資はリターンを回収してまでが投資です。手段を目的化しないようにしましょう。

読書

2021年 自己投資

私個人的な話をすると2020年は年間60冊読んでいました。

仮に1冊1000〜2000円でも『年間6万円〜12万円』です。

確かにこれだけ見ると高そうに見えますが、この本はいつでも見返すことができますし、

すぐに読んだことを実践して、自分のものにしてしまえば『コスパが非常に良い投資』だと思います。

しかし、多くの日本人は本を読んでいないんですね。

平成25年度の国語に関する世論調査では日本人の読書量の『47.5%が本を読まない』という結果が出ています。

つまり、一冊でも読んでいれば『ほぼ上位50%』に食い込めるわけです。

2021年 自己投資

また、年間収入と書籍購入費別のグラフを見ても『年収が多い人の方が読書をする傾向』があります。

2021年 自己投資

つまり、ここから読書をしている人ほど知的欲求心が高くより高い価値を生み出せるようになり、

年収がアップする一方で、読書をせずに自分の価値を上げないので年収が低いということがわかります。

筋トレ

2021年 自己投資

筋トレは2年間ほど継続してやっていますが、自己投資としてのコスパ最強ですね。

というのも男性においてはデメリットがほとんどないんですよね。強いて言うなら翌日筋肉痛ぐらいです。

逆に筋トレのメリットは多くあり、自尊心が上がり、自信に繋がり、男性ホルモンが分泌されるなど、

草食系男子が増えている現代に置いて、

この残酷な社会を超えていける精神的にタフなたくましい男になることができます。

また、それだけではなく、がんと診断された18歳から81歳の男女2863名を対象に、

筋トレによる死亡率への影響を調査した結果トレーニングを1週間に1回以上行っている場合、

トレーニングをしていない場合と比べて『がんの死亡率が33%』減少しました。

自己投資 筋トレ

つまり、健康にも直結するので筋トレは投資対象としては非常に優れていると思います。

最近ではジムも24時間開いている場所も多いです。コロナ禍でジムはちょっとという人は、

家トレのようなものも増えています。器具を買わなくたってその体一つで自重トレーニングも可能です。

ゼロコストで費用対効果抜群なのでぜひ筋トレはオススメです。

【男性必見】やってみて分かった!!筋トレすると得られる6つのメリットについてまとめてみた
人生生きていると多くの悩みを抱えますが、100%筋トレでその悩みを解決することができます。 今回は、筋トレをすると得られる効果についてご紹介します。男性必見です!!

語学

2021年 自己投資

語学力というのは単体スキルとしてはあまり効果がありませんが、

語学力は何か別なものと組み合わせることで、非常に貴重価値が高くなるスキルの一つです。

私自身も2021年は語学はマスターしたいと思っているので、DMM英会話で毎日英語のレッスンをしています。

DMM英会話は1レッスン単価が極端に安いです。1レッスン209円です。(月6,480円)

しかも1レッスン25分なので、空いたスキマ時間に学習することができ私としては非常にありがたいです。

また、ネイティブ講師の数が桁違いに多いので非常に学びに繋がります。

ノーコード

2021年 自己投資

ノーコードとは『プログラミング言語の知識がなくてもサイトやアプリを構築できる技術』になります。

なぜ、プログラミングではなく、ノーコードなのか?という点ですが、

プログラミングの目的は『アプリケーション、システム、プロダクトを作ること』です。

つまり、ソースコードを書くこと自体が目的ではないです。

中には書くのが楽しいという人はプログラミングで良いですが、

大半の人ははプログラミングで書いたソースコードが実際に動くことが楽しさや充実感があると思います。

・プログラミングの開発や設計が必要だったコストを削減することができる
・プログラミングの学習時間が短縮化できる
・IT以外の分野の人がプロダクトやサービスを作ることができる
・プロダクトやサービスの開発時間を短縮化できる

アイディアはいくらあってもあなたの頭の中にあるもので、具体化させて市場に評価してもらい初めて価値があります。

だからこそ、ノーコードは安価で自分のアイディアを形にしてトライアンドエラーをしやすくなったということです。

誰でも『自分でプロダクトやサービスを展開してお金と交換できる時代』がやってきたのです。

【無限の可能性を秘めているツール】最近日本で話題のNoCode(ノーコード)について徹底解説してみた【オススメのツール5選】
最近になってからNoCode(ノーコード)という言葉を耳にする機会が増えているかと思います。 NoCode(ノーコード)とは、プログラミングせずに(コードを書かずに)サービスを開発することです。 今回は、最近日本で話題のNoCode(ノーコード)について徹底解説してみました。

過酷な時代は自分の力で生き残るしか無い

過酷な時代は自分の力で生き残るしか無いと思っています。

おそらく日本は2050年には人口が一気に減っており、現実から目をそらしたくなる光景が増えてくると思います。

そうした状況で、いくら社会のせいや国のせいだと叫んだとしても誰も助けてはくれないのです。

だからこそ、自分の足でしっかりと立ち、自分の力で生き残るしか方法はありません。

あなたの友人がくだならいことで時間を潰している間に、少しでも勉強して将来に対して投資しましょう。

そうしたことを何年も続けていくと、小さな努力が大きな差になり、

結局、美味しい思いをするのは少しの努力を何年も続けた人たちだけが手に入れることができます。

誰もが成功というエスカレーターに登ろうとしますが、最初は混んでいても

徐々に脱落者が現れて上に行けば行くほどガラガラになっていき自動的に上がっていくだけです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました