オンラインサロンは
こちら
公式ラインに登録して
無料でプレゼントをもらう

【今後に注目したい仮想通貨】まだ日本人が知らない有望な銘柄『Uniswap(ユニスワップ)』についてわかりやすく説明してみた

Uniswap(ユニスワップ) 仮想通貨投資

こんにちはmasayaです。

Difi(分散型金融)の中でも人気があるのはUniswap(ユニスワップ)です。

今回は、まだ日本人が知らない有望な銘柄『Uniswap(ユニスワップ)』についてわかりやすく説明してみました。

Uniswap(ユニスワップ)

Uniswap(ユニスワップ) 仮想通貨

Uniswap(ユニスワップ)を作成したのはヘイデン・アダムスという個人であり、

スタートアップでもなければベンチャーキャピタルの支援も受けておりません。

彼は2017年に就職先のシーメンスから解雇されてしまい友人に相談して

Ethereum(イーサリアム)の開発するのに良い機会だと誘われて開発をはじめました。

ヘイデン・アダムスは機械系エンジニアで当時はプログラミングは未経験でした。

そうした個人が作成したUniswap(ユニスワップ)が世界的に注目を浴びています。

Uniswap(ユニスワップ)はEthereum(イーサリアム)上の分散型取引所(DEX)にの仮想通貨です。

国内の仮想通貨の取引所は中央集権型であり、どこかの企業などが管理していことが多いです。

分散型取引所(DEX)には管理者が存在しません。

Ethereum(イーサリアム)のスマートコントラクトによってプログラムが自動で取引を仲介することで、

中央集権ではなくても交換を成立させることが可能です。

Uniswap(ユニスワップ)の技術

Uniswap(ユニスワップ)の技術について解説していきます。

Poolという仕組み

分散型取引所(DEX)自体は昔から存在していました。

KyberNetworkや0x系の様なものが主流の時代がありました。

しかし、分散型取引所(DEX)はユーザーの利便性の低さから利用がそれほど多くありませんでした。

従来の分散型取引所(DEX)は板取引でしたが、これでは流動性が低くこの問題を解決するために

Uniswap(ユニスワップ)では、売り手と買い手が1対1で取引をする『OTC形式』にして、

流動性を担保するために『Pool』という仕組みを作りました。

Poolというのは利用者が任意のEthereum(イーサリアム)やERC規格のトークンを

Uniswap(ユニスワップ)に預けてその分取引手数料としてトークンを貰える仕組みです。

これによって分散型取引所(DEX)の利便性や流動性が急上昇しました。

既存のDEXUniswap(ユニスワップ)
流動性提供者運営、提携先誰でも可能
手数料運営側で徴収流動性提供者に分配
トークン上場運営側で選定自由

セキュリティが高い

Uniswap(ユニスワップ)の最も特徴的なポイントは、

ウォレットのハッキングや内部不正による資産盗難リスクが存在しません。

Uniswap(ユニスワップ)は自分で管理するウォレットとUniswap(ユニスワップ)が直接やり取りを行うため、

仮想通貨鳥費所への一般的なハッキング攻撃で資産を失うリスクはありません。

加えて、取引所内部の人間による不正によって資産を盗まれるリスクもありません。

理由はUniswap(ユニスワップ)の開発者でもUniswap(ユニスワップ)のプログラムを勝手に変更や

資産にアクセスすることができないからです。

Uniswap(ユニスワップ)はどんな仮想通貨でも上場出来る

Uniswap(ユニスワップ)はどんな仮想通貨でも上場させることができます。

Uniswap(ユニスワップ)は分散型取引所(DEX)なので管理者がいないので『上場審査』が存在しません。

なので誰でも新たに以下のような組み合わせで交換可能になります。

・ETH / ERC20トークン
・ERC20トークン / ERC20トークン

ICOで購入したものの取引機会を失ったトークンなどをETHに交換することも可能です。

Uniswap(ユニスワップ)のUNIトークンだけで億り人に

UNIトークンとは、Uniswap(ユニスワップ)のガバナンストークンです。

Uniswap(ユニスワップ)で取引をしたことがあるユーザーに対してUNIを配布しました。

トレードに使用したことがあるユーザーには400UNIが一律で配布されました。

Uniswap(ユニスワップ)のローンチが2018年11月であり、その当時から利用しているトレーダーに対しては

さらにUNIを配布しており中には『UNIの配布だけで1億円以上』受取っているユーザーが33人も存在するのです。

ある種のバブルでもありました。

Uniswap(ユニスワップ)がなぜ注目されているのか?

Uniswap(ユニスワップ)がなぜ注目されているのか説明します。

Difi(分散型金融)

Uniswap(ユニスワップ)ではスワップおよびプールという機能があります。

スワップではトークンの交換を、プールでは流動性提供が行える。

スワップでトークンを交換する:トランザクションごとに0.3%の取引手数料徴収
流動性提供者:手数料が資産額に応じて分配

またDeFi Pulseのデータによると現在4位になっています。

Uniswap(ユニスワップ) 仮想通貨

分散型取引所(DEX)の中でも取引量が高い

Uniswap(ユニスワップ)は他の分散型取引所(DEX)の中でも取引量が高いです。

2020年9月にはUniswap(ユニスワップ)の24時間取引量が、

アメリカの最大手のCoinbase(コインベース)を上回りニュースになりました。

デューン・アナリティクスのデータによると、

9月に分散型取引所(DEX)であるユニスワップは153億7100万ドルのボリュームを処理したことがわかった。

同期間では、仮想通貨(暗号資産)取引所コインベースが136億ドルの取引を処理したとされている。

https://jp.cointelegraph.com/news/defi-craze-propels-uniswap-monthly-volume-to-153b-surpassing-coinbase

8月下旬、Uniswap(ユニスワップ)の作成者であるヘイデン・アダムス氏は以下のように述べていました。

https://twitter.com/haydenzadams/status/1300034164830408704?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1300034164830408704%7Ctwgr%5E%7Ctwcon%5Es1_&ref_url=https%3A%2F%2Fcoinpost.jp%2F%3Fp%3D179059

取引手数料が安い

Uniswap(ユニスワップ)のアルゴリズムは限りなく手数料が低いです。

こうした理由もありUniswap(ユニスワップ)の取引量が高いという点もあります。

Uniswap(ユニスワップ)は仮想通貨のトレンドのど真ん中

Uniswap(ユニスワップ)は『分散型取引所(DEX)』『Difi(分散型金融)』という

仮想通貨のトレンド2つのジャンルに関連しているため今後も非常に期待度が高いです。

ぜひUniswap(ユニスワップ)を利用してUNIをポートフォリオの一つに入れておきましょう。

投資
\記事が役に立ったらシェアしてね/
my life hackをフォローしてね
公式ラインに登録するだけで豪華特典プレゼント中

私が人生を攻略するために活用した

合計100万円相当ノウハウやツールを

公式ラインに登録するだけで無料でプレゼントします!!

・The Simple Template
・バイナリーオプションシステム詰め合わせセット
・FX順張りトレードシステム
・FX逆張りトレードシステム
・武器としてのテクニカル分析
・Pinterest運用初心者の教科書
・Instagram運用初心者の教科書
・人生ハック理論

また、私が20代前半で

月100万円以上稼いだサクセスストーリー付きです!

・これからの人生に悩んでいる…。
・どのように進んでいいかわからない…。
・何をやれば将来が良くなるのかわからない…。
・自由な生活を送るためにどうしたらいいのかわからない…。
・お金を稼ぎたいけどどうやったらいいのかわからない…。

そんな人は私と一緒に人生を攻略しましょう!

my life hack

コメント

タイトルとURLをコピーしました