オンラインサロンは
こちら
公式ラインに登録して
プレゼントをもらう

世界は技術が進歩しているのになぜ貧富の格差が拡大するのか?【原因は資本主義の構造にある】

世界 技術 進歩 貧富の格差 拡大仕事

こんにちはmasayaです。

世界では、目まぐるしく技術が進歩しています。

AIやロボットなどが、今後さらに普及されていきます。

機械によって大規模に作物を育てることもできますし、重機で重いものも運べるようになりました。

技術の進歩によって、より多く物を生産することができるようになりました。

多くの物を生産できる社会では、昔よりももっと豊かな生活が送れないとおかしいですよね。

しかし、現実は違います。

ホームレスのような今日食べる食べ物にたどり着けない人達が増えており、貧富の格差が拡大しています。

今回は、世界は技術が進歩しているのになぜ貧富の格差が拡大するのかについて紹介していきます。

なぜ世界は技術が進歩しているのにも関わらず貧富の格差が拡大するのか?

世界 技術 進歩 貧富の格差 拡大

世界はどんどん機械やコンピュータよる自動化など技術が進歩しています。

これだけ技術が進歩していて今まで不可能だったことが可能になっている時代なのに

貧困の割合が変わらず、食べ物を食べられない人達が世界全体でいるのか?

私はこのテーマを大学時代に疑問と思っていました。

多くの経済学の本や資本主義社会の構造を理解して理解できました。

ただ、持論なので正解ということではありませんが詳しく説明していきます。

技術の進歩しても貧富の格差が拡大する原因は資本主義の構造にある

世界 技術 進歩 貧富の格差 拡大

技術の進歩しても貧富の格差が拡大する原因は『資本主義の構造』にあると考えています。

資本主義社会の定説は『平等な競争を齎すこと』です。

しかし、資本主義社会の問題点は『富の配分』が進まないことです。

人類は技術の進歩によって機械に仕事をさせることが可能になりました。

今まで人の手で行わなければいけない、多くの仕事や作業を機械がやってくれる時代です。

では、そうした機械を活用して生産して生み出した富は誰のものになりますか?

『機械を所有している資本家』になります。

つまり、簡単に説明すると『機械を所有している資本家が豊かになる』ということです。

機械を持っている人と持っていない人で格差が生まれている

世界 技術 進歩 貧富の格差 拡大

資本主義社会では、機械、スキル、ノウハウを持っていない人達は、

機械が生み出した『富に関与が出来ず恩恵を授かること』ができません。

それどころか機械によって『仕事すら奪われてしまっている』状況になります。

これこそ貧富の格差であり、人類が技術の進歩をしているのにも関わらず貧富の格差が広がっている原因です。

技術の進歩によって雇用だけではなく消費も奪われている

世界 技術 進歩 貧富の格差 拡大

技術の進歩によって仕事を奪われると言いましたが、仕事だけではなく『消費』も奪われています。

技術の進歩によって、仕事を奪われた労働者は当然失業します。

失業者はお金を稼げないので、欲しい物も買うことができません。

当然、物を買う消費者が減ってしまえば企業は物が売れなくなります。

企業は物が売れないので、機械があり大量生産できるのにも関わらず生産を減らします。

すると、社会全体の景気が悪くなります。

技術の進歩で機械によって、大量に物を生産できるようになったのにも関わらず、生産しても物が売れないのです。

これが、多くの人達が貧しくなっていることの原因になります。

あなたの持っているスマホは最強の生産手段

世界 技術 進歩 貧富の格差 拡大

先程『機械を所有している資本家が豊かになる』と説明しましたが、

これは機械という生産手段を所有している人が豊かになるということです。

昔は工場などを持っていなければ、生産者になることが出来ませんでしたが今は違います。

工場などの莫大な初期投資が必要なくほぼ0コストで生産活動を行うことができます。

実はあなた自身もこの生産する機械を所有していることを理解していますか?

スマホをただの携帯電話だと思っている人は認識が甘いです。

あなたがこの記事を読んでいる『PCやスマホは生産できる機械』なのです。

つまり、スマホを所有しているだけで誰でもお金を生み出す生産者であるということです。

ゲームやYoutubeなどで時間を消耗している人が多いですが、そんな使い方は勿体ないです。

スマホは最強の生産手段だからです。

では具体的にどのようにスマホからお金を生み出しているのかご紹介していきます。

SNSやライブ配信でお金を稼ぐ

実際に在宅やベッドでスマホを触っているだけで稼いでいる人達は多くいます。

例えばインスタグラマーと呼ばれる職業の方はスマホで写真を撮りアップロードしてファンを増やしています。

ファンが増えれば、そこから企業からのオファーがあり報酬を貰いながら仕事をすることができます。

他にも、最近はライブ配信アプリが流行っています。SHOWROOMや17Live(イチナナ)などです。

こうしたライブ配信アプリは、投げ銭と呼ばれるリスナーから直接お金を貰うことができます。

スマホでブログを書いてアフィリエイト報酬を得る

私はPCのほうがタイピングが早いので記事はPCから書きますが、

中にはスマホの方が書きやすいという人もいます。

スマホでブログを書いてアフィリエイト報酬を得る主婦も知っています。

ココナラを活用して悩みを解決する

ココナラという自分のスキルを販売するサービスがあります。

こちらを利用して恋愛の悩みだったり、カウンセリングなどを行ってお金を稼いでいる人もいます。

TwitterやNoteで自分の知識やノウハウをコンテンツ化

TwitterやNoteで自分の知識やノウハウをコンテンツ化している人もいます。

Noteというのは有料・無料で自分のコンテンツを販売することができるサービスです。

私の仲の良い方はNoteだけで月500万円近く稼いでいる方もいます。

メルカリを利用して転売やせどりを行う

メルカリなどで不要になった服や雑貨を売ってお金を稼いでいる人もいます。

また、安く仕入れた商品をメルカリなどに販売してせどりという方法で利益を出している高校生もいます。

スマホの活用の仕方次第で貧困にならずに済む

世界 技術 進歩 貧富の格差 拡大

スマホの活用の仕方次第で貧困にならずに済むと思っています。

今までは工場などのレベルでお金を持っていなければ生産者になれなかったですが、

今の時代は違います。誰でもスマホやPCを所有している時代です。

実際にスマホを持っていない人のほうが珍しいぐらい誰でもスマホを持っています。

今の時代は本当に恵まれていると思います。今あるスマホから生産者を目指すことをオススメします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました