〜1000人限定でFX無料EA提供中〜

【Masaya式コスパの良い独学方法紹介】これからの時代の最強の学習スタイルは『独学』であるという話

独学 最強スキル

こんにちはmasayaです。

これからの時代は、大人になっても学び続けることが求められます。

人生100年時代で大切なのは学び続けることです。

その中で重要であると考えてるのが『独学』です。

今回は、これからの時代の最強の学習スタイルは『独学』であるという話を紹介します。

独学は最強の学び方である2つの理由

独学 最強

なぜこれからの時代に独学が重要なのか?と疑問を持つ方もいると思います。

時代の変化のスピードがはやいからこそ、自らの意志で学ぶ『独学』が求められています。

では、具体的に独学が最強の学び方である2つの理由ご紹介します。

お金が掛からない

独学は、圧倒的にお金が掛かりません。

例えば、大学受験は100万円程ですし、公務員試験は30万円程の予備校代が掛かります。

しかし、独学であれば予備校などに通う無駄なお金が一切必要ないです。

独学であれば、参考書代で掛かってもせいぜい『5万円』程度です。

また、最近はインターネットの発達によって、いつでもどこでも『無料』で良質な情報を手に入れることができます。

テキストコンテンツだけではなく、動画コンテンツなども無料で公開されているので、

お金のコストが掛からずに学習できるのは独学だけですね。

自分のペースで学んでいける

予備校やスクールでは、一斉に講義を進めていく学習スタイルです。

予備校やスクールでは、人によって躓いた場合に取り残されてしまう可能性があります。

逆にできる人にとっては参考書を読んでしまえば分かることを30分掛けて説明するので無駄があります。

しかし、独学であれば自分の得意分野と苦手分野をピックアップして優先的に勉強できますし、

自分の好きな時間に自分の好きなペースで勉強できます。

独学に向いている人の共通点について

独学 最強

独学が出来る人の共通点についてについてご紹介します。

・自発的な好奇心を原動力に動くことができる人。
・文字や文章を読むことができる人。
・理解できないフェーズを耐えて学び続けることができる人。
・結果をすぐに求めない人。

自発的な好奇心を原動力に動くことができる人

独学は基本的に教えても貰うスタンスではなく、学ぶスタンスなので、

自発的な好奇心を原動力に動くことができる人が好ましいです。

受け身スタイルでないと学べない人は高い授業料を払って教えて貰う必要があります。

どんなジャンルや分野に対しても『ドキドキやワクワク』などの知的欲求を見出して、

自ら動いて学びを実践していく人が大切になります。

文字や文章を読むことができる人

独学では最低限文字や文章を読むことができる人が好ましいです。

理由は、参考書などの書籍から学ぶのが一般的なので文字や文章を読む必要があります。

しかし、中には文字や文章を読むことが苦手な人もいると思います。

そんな方は、動画コンテンツで学ぶという方法もあります。

理解できないフェーズを耐えて学び続けることができる人

スクールなどは、講師にわからないことを質問できる場が設けられていますが、

独学ではm質疑応答することができないです。

つまり、理解できないフェーズでも耐えて学び続けて理解できるようになる人が好ましいです。

むしろ、理解ができなことすらも学びの一環として楽しめる人が良いです。

結果をすぐに求めない人

これは基本的に学ぶ基本なのですが、結果をすぐに求めない人が好ましいです。

例えば、勉強ができない人がいきなりテストの結果が良くなるということは無いです。

勉強というのは小さな積み重ねが大きな成果をもたらすので、独学なら尚更です。

独学をする上でのマインドについて

独学 最強

独学をする上でのマインドについていくつかご紹介します。

・きちんとリソース(時間とお金)を投入すること。
・何かの形でアウトプットすること。
・繰り返しできるようになるまで継続すること。

きちんとリソース(時間とお金)を投入すること

独学では、きちんとリソース(時間とお金)を投入することが大切です。

そもそも『時間』『お金』というリソースを投入せずに学ぶこと自体が間違っています。

勉強とは『自己投資』であり、自分に時間とお金を掛けられないなら勉強する資格がないです。

『勉強=自己投資』であるという考え方をしっかりと持ち、きちんとリソース(時間とお金)を投入しましょう。

何かの形でアウトプットすること

ラーニングピラミッドはご存知でしょうか?

ラーニングピラミッドとは『平均学習定着率』になります。

独学 ラーニングピラミッド

ラーニングピラミッドでは、

『能動的になればなるほど、学習の定着率が高まり、逆に受動的であれば定着しない』というデータがあります。

講義を受ける:5%
資料や書籍を読む:10%
視聴覚(ビデオや音声等による学習):20%
実演を見る:30%
他者と議論する:50%
実践による経験、練習:75%
他者に学んだことを教える:90%

独学して参考書を読んだり、動画を見てもそこまで定着しないので、

何かの形でアウトプットすることが大切になります。

私は本を読んだり、自分の得た経験や知識はブログやSNSなどに公開しています。

もし、公開するのが恥ずかしいということであれば、日記などで日々の成長記録を書くのも良いと思います。

大切なのは『受動的な学びを能動的な学びにシフトする』ということです。

繰り返しできるようになるまで継続すること

一度できたらそれでおしまいではなく、繰り返しできるようになるまで継続することが大切です。

赤ん坊などは、一度立てるようになったらそれでおしまいなんてことは無いですよね。

コツを掴んだら、何度も繰り返して出来るように継続することで、脳が学習して無意識にできるようになります。

これは学習も同じで繰り返しできるようになるまで継続しましょう。

Masaya式コスパの良い独学方法

独学 最強

私は学習塾やコンサルなどには通わずに基本的に独学で学び続けています。

Masaya式コスパの良い独学方法は以下の2つです。

・学びたい分野の本を10冊読む。
・Udemyの動画を数本見る。

Masaya式コスパの良い独学方法で掛かる金額はたった『2〜3万円』です。

あと大切なのは自分の自発的な学びたいというモチベーションだけですね。

Masaya式コスパの良い独学方法は、その分野のセミトップ辺りまでの知識やノウハウは手に入れることができます。

学びたい分野の本を10冊読む

独学 方法

まず最初に、学びたい分野の本を10冊読むことですね。

ここで挫折する人はそもそも独学向いていないので、諦めましょう。

具体的にどのような本を10冊読めばよいのかですが、

基礎的な参考書:1〜3冊程度
少し難しい参考書:2〜4冊程度
興味のある参考書:4〜6冊程度

最近では、Amazonの『Kindle Unlimited』と呼ばれる

月額980円の定額読み放題サービスがありますので、より安く知識を得ることができます。

Udemyの動画を数本見る

独学 Udemy

Udemyとは、世界最大級のオンライン学習プラットフォームです。

ビジネス、プログラミング、デザインなど主にテクノロジー関連の講義が公開されています。

それ以外にも資格、言語、学問などのカテゴリーも存在します。

Udemyでは、購入した動画は買い切りで一度購入すればずっと見ることができます。

学びたい分野の本を10冊読んで基礎的な知識を活用して、

Udemyの動画を見ることでさらに理解力が増します。

Udemyのサイトはこちら

独学でより最短最速で成果を手に入れよう

独学 最強

これからの時代は大人になっても学び続けることが必要になってきます。

その中で、お金がかからずコスパが良い最強なのは独学であると思っています。

他人から押し付けられた学びではなく、自らのドキドキやワクワクからなる、

一生学び続けることができる無限のエンジンを自分の中に持ちましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました