〜1000人限定でFX無料EA提供中〜

【コロナ不況にも負けない】複数の収入源と分散化させた稼ぎ方『4マトリックスモデル』についてまとめてみた

4マトリックスモデルお金

こんばんはmasayaです。

コロナ禍で飲食店や観光業など稼ぐことが難しくなっています。

しかし、私の場合はそれほどダメージがありません。

私は収入源を分散した『4マトリックスモデル』という考え方を持っています。

今回は、コロナ不況にも負けない複数の収入源と分散化させた稼ぎ方

『4マトリックスモデル』についてまとめてみました。

4マトリックスモデル

4マトリックスモデル

私はビジネスを考える時は常に『4マトリックスモデル』を考えています。

4マトリックスモデルとは『労働と仕組みの働き方をオンラインとオフラインで展開するモデル』です。

4マトリックスモデル=(労働+仕組み)✕(オンライン+オフライン)

4マトリックスモデルを理解することで、

コロナ禍の状態でも収入源が減ること無く安定した利益を得ることが出来ています。

つまり、コロナ禍で『4マトリックスモデル』は通用する原理原則になります。

4マトリックスモデルの説明は以下の通りになります。

労働:自分の時間と体力を活用してお金を稼ぐ方法
仕組み:自分が時間や労力を費やさなくても勝手にお金を稼ぐ方法
オンライン: コンピューターのネットワークやほかのコンピューターと接続している状態のこと
オフライン:ネットワーク(主にインターネット)に繋がっていない状態のこと

では、それぞれについて具体的に説明していきます。

労働で稼ぐ

4マトリックスモデル

労働で大切なのは『自分の労働時間に対して時間あたりの単価を上げていくこと』が大切になります。

例えば、コンビニのアルバイトと医者の給料が違うのは当然な話です。

よくサラリーマンの方が『給料は我慢した分貰えるものだ』と的はずれな回答をする方がおりますが、

私から見れば、コンビニのアルバイトも医者も大変なのはどちらも同じです。

ではなぜ、コンビニのアルバイト医者の給料が違うのか?それは『労働市場の価値』が異なるからです。

コンビニのアルバイトは海外の労働者でも誰でもできますが、医者は誰でもできるものではないです。

つまり、労働市場による『需要と供給』によって給料が高くもなり低くもなるということです。

需要が高く供給が少ない→給料が高くなる
需要が低く供給が多い→給料が低くなる

一時間あたりの時給を高くするためには『自分自身の価値を高めること』が大切です。

これは、スキルや知識によって大きく左右されます。

労働✕オンライン

4マトリックスモデル

労働✕オンラインは以下のようなものが該当します。

・プログラミング
・動画編集
・コピーライター
・コンサルティング
・トレード

労働✕オフライン

4マトリックスモデル

労働✕オフラインは以下のようなものが該当します。

・単純労働なアルバイト
・物販
・せどり

仕組みで稼ぐ

仕組みは労働に比べて稼ぐためには時間はかかりますが、

仕組みを一度作ってしまえば『お金が自動的に入ってくるように』なります。

仕組みと言っても難しいことはないです。

諦めずコツコツこなせる人の方が仕組みで稼ぐことに向いていると思っています。

仕組み✕オンライン

4マトリックスモデル

仕組み✕オンラインは以下のようなものが該当します。

・アフィリエイト
・Youtube
・電子書籍
・株式の配当金

仕組み✕オフライン

4マトリックスモデル

仕組み✕オフラインは以下のようなものが該当します。

・不動産投資
・自動販売機

・駐車場
・倉庫の貸し出し
・本の出版
・Air BnB

4マトリックスモデルの攻略方法

4マトリックスモデルの構造は理解したと思うので、4マトリックスモデルの攻略方法についてご紹介します。

4マトリックスモデルには3つの時間軸がある

4マトリックスモデル

4マトリックスモデルには3つの時間軸が存在します。稼ぐ手段には主に『短期・中期・長期』の時間軸が存在します。

短期:短期的に稼げるもの→アルバイトやUber Eate
中期:中期的に稼げるもの→Youtubeやアフィリエイト
長期:長期的に稼げるもの→不動産や株式の配当金

短期なものほど、即金でお金が稼げる代わりに仕組みでお金を稼ぐことはできないです。

逆に長期なものほど、時間は掛かるかわりに仕組みでお金を稼ぐことが可能になります。

重要なのは『短期で稼いだお金を中期に中期稼いだお金を長期にと時間軸を長くすること』が大切になります。

4マトリックスモデルを作る5つのスキル

4マトリックスモデル

4マトリックスモデルを作るためのスキルについてです。

おそらく多くの人は『時間を使う』収入源しか持っていないと思います。

というのもそれがお金を稼ぐ手段だと教えられるからです。

しかし時間を使う以外にも収入を得る方法はあります。4マトリックスモデルを作るためのスキルは以下の5つです。

・時間を使う→アルバイト等
・商品を使う→自分や他の人が開発した商品やサービス
・知識を使う→自分の知識や経験をコンテンツ化
・人間を使う→人を雇って価値を生み出す
・お金を使う→株式や不動産などの金融資産

4マトリックスモデルを世界ベースで取り組む

4マトリックスモデル

4マトリックスモデルをまずは国内で作り出したら、次は世界ベースで取り組むのもオススメです。

4マトリックスモデルは日本だけではなく海外でも通用するモデルとなっています。

もちろん海外は海外の

小手先ノウハウではなく全体の構造を理解する

4マトリックスモデル

よく、稼げるノウハウや手法を教えて下さいという方が多いですが

そもそも稼げるノウハウや手法というのは手段であり、目的ではないです。

稼げるノウハウや手法は一過性であり一時的に稼げたとしても稼げなくなってしまいます。

当然稼げなくなった彼らはまた似たような稼げるノウハウや手法に飛びつきます。

それではいつになっても安定した収入を得ることができないです。

大切なのは『全体の構造を理解すること』です。

全体の構造を理解すればそれが目的となり、やるべき手段が明確化されるはずです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました