オンラインサロンは
こちら
公式ラインに登録して
無料でプレゼントをもらう

【今後に注目したい仮想通貨】まだ日本人が知らない有望な銘柄『SYNTHETIX(シンセティックス)』についてわかりやすく説明してみた

SYNTHETIX(シンセティックス) 仮想通貨お金

こんにちはmasayaです。

2019年下半期で最も価格上昇したSYNTHETIX(シンセティックス)をご存知ですか?

合成資産の取引をできる分散型取引所(DEX)のプラットフォームです。

今回は、まだ日本人が知らない有望な銘柄

『SYNTHETIX(シンセティックス)』についてわかりやすく説明してみました。

SYNTHETIX(シンセティックス)

SYNTHETIX(シンセティックス) 仮想通貨

SYNTHETIX(シンセティックス)は仮想通貨決済会社である

blueshyft社CEOであるKainWarwickの発案によって生み出されました。

SYNTHETIX(シンセティックス)とは、

『分散型シンセティックアセット(合成資産)発行プロトコルおよびプラットフォーム』になります。

合成資産というのは、1つまたはそれ以上のデリバティブから構成されている金融商品です。

プラットフォームでSNXトークン(the Synthetix Network Token)を担保することで発行することができます。

分かりづらいと思うので、

BTC→sBTC(合成資産化)
ETH→sETH(合成資産化)
USD→sUSD(合成資産化)

という合成資産を生成することで、BTC,ETH,USDなどの元々の値動きと同様な値動きをする

合成資産を生成することができるのがSYNTHETIX(シンセティックス)の役割になります。

簡単に言えば『SNXトークンをロック(ステーキング)する代わりに合成資産のトークン』が貰えるシステムなんです。

SYNTHETIX(シンセティックス)のSNXトークンは2019年下半期で最も価格上昇したトークンの1つでもあります。

SYNTHETIX(シンセティックス) 仮想通貨

現在では仮想通貨の時価総額ランキングで22位にいます。

SYNTHETIX(シンセティックス) 仮想通貨

今回は、SYNTHETIX(シンセティックス)について解説したいと思います。

Synthetix Exchange

SYNTHETIX(シンセティックス) 仮想通貨

Synthetix ExchangeはSynth(合成資産)を取引することができる『分散型取引所(DEX)』になります。

現在『20種類以上の合成資産』をオーダブック無しで即時取引が可能です。

Synthetix Exchangeは、他の分散型取引所(DEX)とは異なる点があります。

まず1つ目は、特定の取引相手ではなく『プールされた担保』としてた『P2C(Peer to Contract)取引』します。

コントラクトにロックされた資金(分散型プール)が担保を提供してシステムの安全性を維持しています。

2つ目はトレーダーはオフチェーンのオラクルによって市場に価格参照された合成資産を売買します。

そして3つ目はトレーダーはデリバティブとバケットにネイティブにアクセスできます。

そのため第三者によるデリバティブバケットへの関与は無く取引の不正が働きづらいです。

SYNTHETIX(シンセティックス)がなぜ注目されているのか?

SYNTHETIX(シンセティックス)がなぜ注目されているのかを解説していきます。

様々な通貨やコモディティをEthereum(イーサリアム)上のアセットとして取り扱いできるから

様々な通貨やコモディティをEthereum(イーサリアム)上のアセットとして取り扱いできるのが、

SYNTHETIX(シンセティックス)です。すでにSYNTHETIX(シンセティックス)では、

・主要通貨(USドル,ユーロ,日本円,オーストラリアドル等)
・コモディティ(金など)
・ビットコイン

などと連動したアセット(資産)が提供されて取引されています。

SYNTHETIX(シンセティックス)の何が面白いのかと言うと様々なユースケースを考えることができる点です。

SNXトークン→sUSD→Synthetix Exchangeでトレードする
SNXトークン→sUSD→USDC→Difiで金利を得る
SNXトークン→sUSD→ETH→トレード,NFTなどに使用する

と言ったようにMakerDaoと似ています。

【今後に注目したい仮想通貨】まだ日本人が知らない有望な銘柄『MakerDAO』についてわかりやすく説明してみた
MakerDAOは分散型ステーブルコインを最初に作ったコミュニティです。 世界で非常に注目されている銘柄の一つです。 今回は、まだ日本人が知らない有望な銘柄『MakerDAO』についてわかりやすく説明してみました。

SNXトークンを保有すると報酬が得られるから

SNXを保有していると報酬を得ることができます。

・SNXトークンをロック(ステーキング)する事による報酬
・分散型取引所(DEX)でのトレード手数料

SNXトークンをステーキングすることで報酬を得ることができます。

これは、sUSDのような合成資産を生成することに対するSNXトークン保有者への報酬として配布されており、

BitCoin(ビットコイン)のマイナー報酬と同じ考え方になります。

もう一つは分散型取引所(DEX)の手数料を『毎週受け取る権利』があります。

SYNTHETIX(シンセティックス)には2種類のトークンがあります。

・SNX
・Synth

SNX保有者はトークンを担保にロックした場合に、

SynthはロックされたSNXの価値に反して市場に投入されて取引や送金などの目的に使用されます。

Synthetix ExchangeのすべてのSynth取引は『SNX保有者に分配される料金を発生させる仕組み』を有しており、

システムをステーキングしたことに対する報酬を与えます。

取引手数料は『10〜100bps(0.1〜1%)』とライトペーパーには記載されています。

この手数料はホルダーの保有量に応じて分配されます。

SNXはステーキングすることでSynthを報酬として受け取ることができるので、

SNX需要は取引所の成長と直結しています。

SYNTHETIX(シンセティックス)は全世界のユーザーがあらゆる種類の資産を利用できる

SYNTHETIX(シンセティックス)は、

分散型取引所(DEX)で全世界のユーザーがあらゆる種類の資産を利用することができます。

また、このプラットフォームは金融市場の全体を揺るがす可能性のある強力なトークン化された

資産プラットフォームを作り出す可能性があります。

日本ではまだまだ知名度が低いですがSYNTHETIX(シンセティックス)は非常に面白いので、

まだ日本人が気づいていない内にぜひポートフォリオの一つに追加しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました