オンラインサロンは
こちら
公式ラインに登録して
無料でプレゼントをもらう

時事ネタ

経済

【テレビや新聞では絶対に教えてくれない】日本が講じたコロナ対策が本当に効果があったのか検証してみた【データは嘘をつかない】

2度目の緊急事態宣言が延長となり、もう2月の末ですが、一部の県では解除されることが発表されています。 ちょうどこの時期ぐらいに日本でコロナが流行して約1年が経ちます。 そこで今回は、日本が講じたコロナ対策が本当に効果があったのか検証してみたいと思います。
経済

【子供より高齢者を守る国に未来は無い】コロナの影響で学生が1,367人中退して小中学生と高校生の自殺が過去最多を更新している話

緊急事態宣言が延長されて大人たちだけではなく、未来ある若者や子どもたちにも影響しています。 なんと全国の学生がコロナの影響で1,367人が中退しており、 小中学生と高校生の自殺が過去最多を更新しているようです。 これも全て『若者は高齢者を守れ』と無意味な煽りと無駄な自粛を続けたせいです。 今回はコロナの影響で学生が1,367人中退して小中学生と高校生の自殺が過去最多を更新している話についてです。
経済

【ネット上での誹謗中傷問題】女性を巡る発言によって森会長が辞任した話について【心が貧しくなった日本人】

森会長が女性を巡る発言によって辞任されることが決まりました。 しかし、問題は問題だったとしてもこれほど社会全体が大ニュースだと取り上げるようなことでしたか? そして、寄ってたかって大勢の人が鬼の首を取ったように誹謗中傷をしているのを見ていると 日本人は心が貧しくなったなと感じました。 今回は、女性を巡る発言によって森会長が辞任した話についてです。
経済

【解除して経済を回すべき】政府が緊急事態宣言の解除を検討している話について

二回目の緊急事態宣言が延長になりましたが、 最近の減少傾向から政府が緊急事態宣言の解除を検討しているようです。 今回は、政府が緊急事態宣言の解除を検討している話についてご紹介します。
経済

【発信者側に周ることが大切】音声SNSによって耳時間の奪い合いが激化している話について

最近はclubhouseなどの音声SNSが話題になっていますが、 その反面で多くの人々の耳の時間を奪い合うことが予想されます。 今回は、音声SNSによって耳時間の奪い合いが激化している話についてご紹介します。
経済

【大増税時代がやってくる】日本の緊急事態宣言が社会に与える経済損失についてわかりやすく説明してみた

政府が二度目の緊急事態宣言の延長をすることが決まりました。 メディアなどでは感染ばかりに目が行きがちですが、緊急事態宣言によって多くの経済損失や 今後日本は将来的に大増税時代が来ることは明確です。 今回は、緊急事態宣言が社会に与える経済損失についてわかりやすく説明してみました。
経済

【みんなで不幸になればいい】日本にはコロナ騒ぎが収まってほしくない『コロナロス』の人がいる話について

コロナ禍で多くの人が自由を制限されたり、不幸なことも起きています。 本来であれば喜ばしいことではないのですが、中には『みんなで不幸になればいい』と感じている人もいます。 今回は日本にはコロナ騒ぎが収まってほしくない『コロナロス』の人がいる話についてご紹介します。
経済

【すでに日本はコロナに勝っている】二度目の緊急事態宣言は延長ではなく解除するべき理由をまとめてみた

二度目の緊急事態宣言が発令されて2月7日で終了すると思いきや、3月7日まで1ヶ月延長する方針があるようです。 この決断や方針は完全に愚策で元々死亡者が少ない日本では過剰な対策になってしまいます。 今回は、二度目の緊急事態宣言は延長ではなく解除するべき理由をまとめてみました。
経済

【マスコミが恐怖を煽らなければコロナ騒ぎは収束する】ゼロコロナは絵に書いた餅の対策である話について

立憲民主党の枝野幸男代表が国会で『ゼロコロナ』を提唱しました。 しかし、ゼロコロナを目指したところで成功した国はどこにも無いんですね。 また、そんなことを目指さなくても世界から見て日本はコロナの被害が少なくむしろ成功しているんです。 今回は、ゼロコロナは絵に書いた餅の対策である話についてです。
経済

【これから5年は就職大氷河期】コロナ騒ぎによって日本では今後さらに若者の自殺者が急増する話について

最近コロナ禍で周りに迷惑を掛けてはいけないと村八分にされて自殺する若者や 経済苦によって就職できない若者などが自殺しているケースがあります。 この騒ぎによって一番の被害を受けるのは若者たちです。 今回は、コロナ騒ぎによって日本では今後さらに若者の自殺者が急増する話についてです。
経済

【不安を煽るのではなく安心材料を提示すべき】日本がやるべき3つのコロナ対策について考えてみた

最近また全国各地で緊急事態宣言が出されましたね。 政府と知事の責任の押し付け合い、医師会との利害関係、メディアの恐怖の煽りなどによって 政府が舵のとり方を間違って収集がつかない状況です。 そこで今回は私なりに日本がやるべき3つのコロナ対策について考えてみました。
経済

【青春は取り戻せない】コロナ禍の自粛で若者が負担を強いられる話について【感染拡大は若者の責任ではない】

コロナ禍で若者は甲子園が中止になったり、学校生活が送れなかったり、成人式が中止になったりと 彼らの青春という取り戻せない時間を犠牲にして高齢者たちのために自粛をしています。 それでも感染拡大は若者だと責任を押し付けられたり、 今後ボロボロになった社会のツケを払わされるのも若者たちです。 今回は、コロナ禍の自粛で若者が負担を強いられる話についてご紹介します。
経済

【電力非常事態宣言】日本の電力需給が危機的状況である話について【大規模停電の可能性も】

メディアはコロナの話題でひっきりなしになっている一方で、 今年の日本は寒波で電力需給が危機的状況にあるんですね。こうした情報はメディアでは取り上げられていません。 今回は、日本の電力需給が危機的状況である話についてご紹介します。
経済

【学徒動員や非国民と糾弾】日本は戦前から何も学んでいない話について【精神論では乗り越えられない】

知事たちは仕事している感のパフォーマンスとしてコロナ対策を行っており、 効果のある対策ができておらず、万全な状態で冬を迎えることができませんでした。 そうした知事たちは責任だけを政府に押し付けて事なかれ主義です。 その影響で緊急事態宣言で国民の自由を制限したり、飲食店に時短営業させて 責任を国民にまでなすりつけるような形になっています。 今回は、日本は戦前から何も学んでいない話について紹介します。
経済

【超過死亡マイナス2万4,000人】日本が緊急事態宣言を出しても医療逼迫の効果が薄い話

以前記事でGotoトラベルを中止に追い込むと次は緊急事態宣言が出されると言いましたが、 案の定、東京都などは緊急事態宣言を出すという報道がありました。 しかし、緊急事態宣言を出したからと言って医療逼迫状況が落ち着くわけではないんですね。 今回は、日本は超過死亡がマイナス2万4,000人なっていることや 緊急事態宣言をしたとしても医療逼迫への直接的な効果は薄いという話です。
経済

【医師会がボトルネック】日本の医療逼迫は医療資源の配分に問題があるという話

日本ではGotoトラベルが中止になり、最近のニュースでは『医療逼迫』の問題取り上げることが多くなってきました。 実は医療逼迫しているのは医師会が大きく関係しているんですね。 今回は、コロナ禍で医療逼迫しているのは医療資源の配分について紹介したいと思います。
経済

【観光業界にトドメを刺す】Gotoトラベルが全国一斉に利用を一時停止になる話

Gotoトラベルが全国一斉に利用を一時停止することがわかりました。 今回のGotoトラベル中止で観光業界にトドメ刺してしまったように思えます。 人は希望があれば頑張れますが、その希望すらも消えると人は気力を失います。 Gotoトラベルが全国一斉に利用を一時停止によって起こることをご紹介したいと思います。
経済

【知っておきたい7つのコト】日本人の多くが理解していないコロナの情報についてまとめてみた【図解で説明】

メディアでは連日コロナのニュースで煽ってばかりで、正しい情報が社会に浸透していないです。 そこで今回は、日本人の多くが理解していないコロナの情報についてまとめてみました。 図解も交えながら解説していきたいと思います。
経済

【経済と命】基礎疾患持ちの高齢者と現役世代をどちらを救うべきかについて

メディアでは新型コロナの第3波が来たとして報道しています。 善意の気持ちで経済自粛やGotoトラベル中止などの感染対策をしていますが、 その行動によって、コロナの死亡者以上に自殺者が増えている状態では本末転倒です。 今回は、基礎疾患持ちの高齢者と現役世代をどちらを救うべきかについてのテーマです。
経済

日本医師会(中川俊男会長)らがGotoトラベルをエビデンス無いが感染拡大のきっかけになったと発言した話

日本医師会(中川俊男会長)らがGotoトラベルが感染拡大のきっかけになったと発言しました。 しかし、エビデンス無く本当にGotoトラベルが第3波の感染拡大に繋がったのでしょうか? 今回はこのGotoトラベルと新型コロナの感染拡大についてまとめていきたいと思います。
タイトルとURLをコピーしました