〜1000人限定でFX無料EA提供中〜

【予測不能な時代に突入】VUCA時代を生き抜くための個人の生存戦略について解説してみた

VUCA時代仕事

こんにちはmasayaです。

最近ビジネス業界でよく耳にするのがVUCAという言葉です。

VUCAは『予測不能な状態』を意味しており、

これからの時代は増々複雑で予想ができない時代に進んでいきます。

今回は、VUCA時代を生き抜くための個人の生存戦略について解説してみました。

VUCAの時代が到来している

VUCA時代

VUCAとは『Volatility・Uncertainty・Complexity・Ambiguity』という

4つのキーワードの頭文字から取った言葉です。

Volatility:変動性・不安定さ
Uncertainty:不確実性・不確定さ
Complexity:複雑性
Ambiguity:曖昧性・不明確さ

VUCAは元々1990年代にアメリカの軍事用語として使用された言葉です。

簡単に説明すると『予測不能な状態』を意味しています。

現代社会は、経済、企業、キャリアなどの環境が複雑になっており将来の予測が困難な状態になっています。

そんな中で2010年代に世界経済でVUCAの時代が到来したと言われました。

では、具体的に4つの項目について紹介していきます。

Volatility - 変動性

VUCA時代

現代は新しいイノベーションが次々に誕生して古いアナログなビジネスモデルが衰退していく時代です。

どれだけ有望なビジネスモデルでも新しいビジネスモデルが現れて陳腐化してしまいます。

また、世界経済がグローバル化によって市場の成熟化もより一層加速しています。

つまり、VUCA時代は常に状況が変動していきます。

Uncertainty – 不確実性

VUCA時代

現代はグローバル化が進み、政治、経済、市場を取り巻く環境が複雑になっています。

また、世界中で大規模な自然災害や気候の変化も発生しています。

つまり、現代の環境はどんどんカオスな状態になっているということです。

Complexity – 複雑性

VUCA時代

既存の枠組みを超えて事業がどんどん増えている中で、個人や組織の扱う業務も広く複雑になっています。

また国内だけではなく、複数の国と地域が関わってビジネスを行うことで増々複雑になり、

スムーズな事業展開が難しくなる場合もあります。

Ambiguity – 曖昧性

VUCA時代

ITが進んでいる現代では『業界の区分』が曖昧になっています。

例えば、自動車業界は研究が進み自動運転の実現が近づいていますが、

VUCAの時代の前までは、自動車メーカーのみが自動運転の技術を研究していました。

しかし、現代はGoogleなどのテクノロジー企業がどんどん参入して来ており、

独自で研究開発を進めて実用化まで進めています。

つまり、VUCA時代は業界を超えて競争が活発化しています。

VUCA時代を生き残る個人の4つの生存戦略

VUCA時代

VUCA時代を生き残る生存戦略は、従来の生き方や考え方を持っていても通用しないです。

私が、VUCA時代に大切だと思う4つの生存戦略についてご紹介します。

・常に新しい情報を収集すること
・アイデアがあれば即実行すること
・生涯学び続けること
・疑問を持ち続けること

常に新しい情報を収集すること

VUCA時代

VUCA時代は世界全体でどんどん新しいイノベーションが誕生して

社会、経済、ライフスタイルが変化していきます。

ですので、いち早く時代の流れを察知するためにも『常に新しい情報を収集すること』が大切になります。

新しい情報をキャッチアップできる人は、時代の流れや変化に敏感に気がつくはずです。

VUCA時代に生き残るためには『変化に柔軟に対応できる姿勢』が必要になります。

アイデアがあれば即実行すること

VUCA時代

VUCA時代では『とにかく変化するスピードが早い』です。

日本人は消極的で、慎重に石橋を叩いて渡る人が多いですが、

VUCA時代では、どんどん環境が変化して行くのでそうした人達は沙汰になります。

ですので、良いと判断したことに関しては実行できる行動力が大切になります。

もし、今あなたに『アイディアがあれば即実行』してみましょう。

仮に失敗したとしてもすぐに止めれば良いですし、上手くいきそうであればそのまま継続すればよいです。

VUCA時代では『結果』が求められます。

いち早くアイディアを行動に映し出して成果を出した人が生き残っていきます。

失敗を恐れずにチャレンジできる行動力がある人が重要になります。

生涯学び続けること

VUCA時代

VUCA時代は『当たり前だと思った価値観や物事が突然変わること』があります。

つまり、自分の価値観が崩れてしまった時に生き方や働き方に迷いが生じてしまいます。

ですので、時代に取り残されないように『生涯学び続けること』が必要があります。

疑問を持ち続けること

VUCA時代

VUCA時代には『正解や答えが無い時代』です。

しかし、多くの人が時代の変化をキャッチアップできず、自分が変化しなければならないことを自覚していません。

そうした人達は『今までこのやり方で上手くいったからきっと大丈夫だろう』という今も昔も同じや考え方でいます。

従来は、これをしておけば良いという正解や答えがありましたが現代は違います。

つまり、自分の常識、社会の常識、会社の常識に対して

『本当にこれで良いのか?』という疑問を投げかけ続ける必要があります。

全てを否定する必要はありませんが、何を変えるべきで、何を残すべきなのかを

しっかり自分で判断できるようにしましょう。

未来を予測する最良の方法は未来を創ること

VUCA時代

経営学者のピーター・ドラッカーはこのような言葉を残しています。

“The best way to predict your future is to create it.”

未来を予測する最良の方法は、未来を創ることだ。

―Peter Drucker

私達が今いる現代は、先が見えないVUCA時代だからこそ『自らの手で未来を作り出す』という考えが大切です。

従来は答えを求めてその答えに従っていましたが、

VUCA時代は自らの答えを導き出して実行していくことが重要です。

変化が激しい時代ですが、一緒に取り残されること無く生存戦略を考えて行きましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました