〜1000人限定でFX無料EA提供中〜

【お金持ちになる法則】バビロンの大富豪の7つの極意について解説してみた

バビロンの大富豪 7つの極意お金

こんにちはmasayaです。

あなたは『バビロンの大富豪』という名著はご存知ですか?

これは100年以上も前から今も読まれ続けているベストセラー本です。

バビロンの大富豪の中で書かれている重要な『7つの極意』というものがあります。

今回は、バビロンの大富豪の7つの極意についてわかりやすく説明していきたいと思います。

バビロンの大富豪の7つの極意

バビロンの大富豪 7つの極意

バビロンの大富豪は100年前に書かれた世界的な本です。

この本は今でも読まれ続けているベストセラー本です。

このバビロンの大富豪の本が今でも読まれている理由は『時代が変わっても通用する法則』だからです。

少しあらすじを説明すると、役所で働いていた一般市民だったアルカドは大富豪となり、

バビロンの人々に富を築くための知恵を広く授けるように依頼されました。

そこで100人の大衆の前にアルカドが説いたのが『7つの極意』です。

バビロンの大富豪の7つの極意は以下の項目になります。

1.まずは財布を太らせること。
2.出費・支出を管理し、予算を立てること。
3.貯めた資金を寝かさず、増やしていくこと。
4.財産を損失から守ること。
5.自分の住まいを持って、有益な投資対象とすること。
6.将来の収入(源)を確保・準備すること。
7.自分の能力・スキルを高め、もっと稼げるようにすること。

まずは財布を太らせること

バビロンの大富豪 7つの極意

バビロンの大富豪の7つの極意の1つ目は『まずは財布を太らせること』です。

これは要するに、貯金をすることを意味しています。

多くの人は、給料日に様々な出費で手元にほとんどのお金が残っていない状況です。

しかし、お金を貯めるとができない以上はお金を運用することができないです。

なので、まずはお金を貯めるために『収入の最低でも10%は貯蓄に回すこと』が大切になります。

20万円の給料を毎月貰っているのであれば、最低でも2万円は貯蓄に回すようにしましょう。

・お金を貯めるとができないとお金を運用することができない。
・お金を貯めるために収入の最低でも10%は貯蓄に回すこと。

出費・支出を管理し、予算を立てること

バビロンの大富豪 7つの極意

バビロンの大富豪の7つの極意の2つ目は『出費・支出を管理し、予算を立てること』です。

自分の欲求を全て叶えようと努力しても『お金と時間』は有限であり限界があります。

例えば、生活に必要な衣食住のコストは必要経費ですが、ギャンブルにお金を使うというのは自分の欲求です。

お金をどうしても使わないと行けない『必要な経費』『自分の欲求』を混同させてはいけないです。

なので、本当にお金を使う価値があるかどうかを考えてお金を使いましょう。

・自分の欲求を全て叶えようと努力してもお金と時間は有限であり限界がある。
・お金は必要な経費と自分の欲求を混同させないようにする。

貯めた資金を寝かさず、増やしていくこと

バビロンの大富豪 7つの極意

バビロンの大富豪の7つの極意の3つ目は『貯めた資金を寝かさず、増やしていくこと』です。

財産の定義は『口座に入っている現金』ではないです。

財産とは『自分の資産をふくらませてくれるお金の流れ』なのです。

お金を貯めたいのであれば、資産が増えるように投資をしていく必要があります。

・財産は口座に入っている現金ではない。
・財産とは自分の資産をふくらませてくれるお金の流れ。
・資産が増えるように投資をしていく必要がある。

財産を損失から守ること

バビロンの大富豪 7つの極意

バビロンの大富豪の7つの極意の4つ目は『財産を損失から守ること』です。

財産を損失から守ることは私の中では主に2つがあります。

1つ目は節税対策を行うことです。

無駄に税金を取られるのは大きなバケツに穴が空いている状態と同じです。

しっかりと大きなバケツに水を確保するのであれば穴をできる限り小さくする必要があります。

2つ目は分散投資を行うことです。

分散投資は主にリスクを少なくするために行うオーソドックスな方法です。

・財産を損失から守るために節税対策を行うこと。
・財産を損失から守るために分散投資を行うこと。

自分の住まいを持って、有益な投資対象とすること

バビロンの大富豪 7つの極意

バビロンの大富豪の7つの極意の5つ目は『自分の住まいを持って、有益な投資対象とすること』です。

賃貸マンション等の家賃は、毎月支払って消えてしまいますが、

マイホームを購入すればそのお金が資産に変わっていきます。

ですが、全てのマイホームが資産かというと必ずしも正しいとは限らないです。

それは、購入した時期よりも売った時期のほうが値段が安くなってしまうからです。

日本は特に少子高齢社会が進んでおり全体の人口が減少傾向にあるので値段が安くなってしまいがちです。

資産としてマイホームを購入するのであれば、しっかりと価値のある家を購入することが大切になります。

返済を怠らなければ借金は減っていきますし、最後には価値ある資産を自分のものにすることができます。

・マイホームは資産に変わる。
・全てのマイホームが資産かというと必ずしも正しいとは限らない。
・しっかりと価値のある家を購入することが大切。

将来の収入(源)を確保・準備すること

バビロンの大富豪 7つの極意

バビロンの大富豪の7つの極意の6つ目は『将来の収入(源)を確保・準備すること』です。

収入を確保しておく理由は2つあります。

1つ目はチャンスを掴むためです。チャンスはいつ訪れるかわかりません。

いざチャンスが来てもそこでお金が無くて挑戦できないのは勿体ないです。

いつでもチャンスを掴み取るためにしっかりと準備しておくことが大切になります。

2つ目は自分が死んでも家族が生活できるようにするためです。

将来の収入源を確保しておくことで、

自分の死んでも家族が生活しつけられるように収入を確保しておくことは大切です。

・チャンスが来た時にいつでも挑戦できるように収入を確保しておくこと。
・自分の死んでも家族が生活しつけられるように収入を確保しておくこと。

自分の能力・スキルを高め、もっと稼げるようにすること

バビロンの大富豪 7つの極意

バビロンの大富豪の7つの極意の7つ目は『自分の能力・スキルを高め、もっと稼げるようにすること』です。

一番費用対効果の高い投資をあなたはご存知ですか?それは『自己投資』です。

自己投資をすることで、知識やスキルを高めるられるのでより多くのお金を稼ぐことのできる人間になれます。

多くの国々が、教育にお金をかけるのは費用対効果が高いからです。

自国で優秀な人材が育つことは国益につながるので、教育にお金をかけるんですよね。

また、今の時代はインターネットのおかげで無料で学ぶ環境が整っているので、

どんどん学ぶ意志がある方はより稼げる人間になることができます。

・費用対効果が高い投資は自己投資。
・自己投資をすることで知識やスキルを高めてより稼げる人間になれる。

どの時代でも本質は資本家を目指すことにある

バビロンの大富豪 7つの極意

お金持ちになる方法はとてもシンプルです。

どの時代でも資本家を目指すことが大切であるということです。

労働者は労働力をお金に変えている時点で、生活するためのお金は稼げても自由とは程遠いですからね。

また、アルカドは『お金持ちになるには時間がかかる』とも言っています。

資産は雪だるま式に大きくなるので、少しでも若いうちから資産運用を始めることが大切になります。

早い段階で貯蓄して資産運用でお金を運用することで、お金持ちの道が切り開かれます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました