〜1000人限定でFX無料EA提供中〜

日本の若者は世界一チャレンジしない!?若者が多くの失敗をすると良い理由について【失敗の極意】

若者 失敗思考

若者は早い段階から失敗をたくさんするべき

若者 失敗

若者は早い段階から失敗をたくさんするべきですね。

日本人は失敗に対して躊躇しがちです。

失敗を恐れて本来取るべきリスクを取らずに変化をしない道を選択してしまいます。

現状維持で衰退している『若者の老害化』が深刻です。

【思考力を磨く】日本では若者の老害化が進んでいる話について
日本は高齢化によって老害が増えていますが、 高齢者だけではなく若者も『変化を拒み現状維持する傾向』があります。これを若者の老害化と言います。 今回は、日本では若者の老害化が進んでいる話についてです。

こうした日本の若者がチャレンジしないのはデータとしても現れています。

これはアメリカとの比較だが、もっと多くの国を含めた世界全体での日本の位置付けを見てみよう。

<図2>は、右軸にクリエーティブ志向、縦軸に冒険志向の肯定率をとった座標上に、

59の国を配置したグラフだ(英仏は調査に回答せず)。

若者 失敗
日本は最も左下にある。若者のクリエーティブ志向・冒険志向は世界で最低だ。

諸外国の群れから大きく外れ、その低さは際立っている。

https://www.newsweekjapan.jp/stories/business/2015/12/20-7_2.php

今の若者がチャレンジしないのは失敗を恐れているからです。

しかし、人生というのは時にリスクを取って挑戦するタイミングがあると思います。

取るべきタイミングでリスクを取れないと人生をうまく歩むことができません。

失敗はもちろん辛いことなんですが、その失敗は必ずあなたの財産に変わります。

若者は早い段階から失敗をたくさんするべき理由をご紹介します。

若者は早い段階から失敗をたくさんするべき理由:失敗のダメージが少ない

若者 失敗

若者は早い段階から失敗をたくさんするべき理由の一つ目は「失敗のダメージが少ない」ということです。

大人になればなるほど、自分の背負うものが大きくなるのでより守りに入りやすくなります。

背負うものが大きい状態でチャレンジすると大怪我するリスクが出てきます。

しかし若者は背負うものが少ないです。あっても自分のことだけなので身軽です。

同じ挑戦でもダメージが違うということです。

つまりダメージが少ない時期にたくさんの失敗を積んでおいたほうが良いです。

若者は早い段階から失敗をたくさんするべき理由:失敗は成功すればするほど成功する確率が高くなる

若者 失敗

若者は早い段階から失敗をたくさんするべき理由の2つ目は

「失敗は成功すればするほど成功する確率が高くなる」ということです。

よく書店に行くと、成功者の本や自己啓発本が出回っていますよね。

私も読んでいる時期がありましたが、結論的に言えば「成功者の本はあまり参考にしない」方が良いです。

理由は、成功する方法は再現性が低いからです。

その人の生き方や環境や状況が始めて重なりその成功者の考えで成功するだけであって、

あなたの状況でその成功法則が当てはまるとは限らないです。

ちなみに私も多くの失敗をしてきました。

失敗には成功するための要素が詰まっています。

失敗することで「失敗しない方法がわかる」ので必然的に成功する確率が高くなります。

失敗を知らない大人は意外と脆いです。失敗しない方法を知らないからです。

だからこそ若いうちにたくさんの失敗をして、失敗から学ぶことが重要だと感じています。

私のオススメの上手く失敗する方法

とは言うものの大きな失敗は精神的に辛いと思います。

私のオススメする上手く失敗する方法についてご紹介しておきます。

私のオススメの上手く失敗する方法:自分の取れるリスクを理解して挑戦する

若者 失敗

自分の取れるリスクを理解して挑戦することが大切です。リスクとリターンは基本的には絶対値です。

つまり、取れるリスクの割合があなたの得ることができるリターンということになります。

ただし、リスクを取るということは失敗する可能性があるということです。絶対に失敗しないということはありません。

その場合に私が考えるのは、このチャレンジをした時の「失敗した最悪なシナリオ」を想定します。

それが、ホームレスになることなのか、数万円お金を失うことなのかと色々とシナリオを考えます。

凄腕の経営者などはホームレスになるレベルでリスクを取れるのでリターンも非常に大きいです。

そのリスクをあなたは取る必要がありません。あなたの取れるリスクの範囲内でチャレンジすればよいです。

リスクを受け入れることができれば、最悪失敗したとしてもその最悪なシナリオ以上の出来事にはなりません。

失敗を恐れてる人は「最悪なシナリオ」を想定して、自分で取れるリスクかどうかを判断することが大切です。

私のオススメの上手く失敗する方法:大切なのは失敗した後のリカバリー能力

若者 失敗

最初から成功する人って早々居ないです。どれだけ優秀な人でも失敗します。

ただ成功する人の共通点は、「失敗した後のリカバリー能力が高い」ということです。

リカバリー能力はその失敗を常に問題としているのではなく改善して次に進める力を持っています。

多くの人は失敗してそのまま落ち込んでいますが、切り替えが大切です。

失敗したのであれば「次に失敗しない方法」をしっかりと考えましょう。

それを繰り返していけば自ずと成功すると思います。

失敗の無い人生なんて面白く無い

若者 失敗

失敗の無い人生なんて面白くないんですよね。

例えば100%勝てるゲームやっていて面白いですか?面白くないですよね。

負けて悔しいなとか、次こそ勝とうという気持ちが無い人生なんて退屈で仕方ないです。

若いうちは失うものなどほとんどありません。

どれだけ失敗してもゼロですからね。今の自分に戻るだけです。

失敗から学びチャレンジし続ければ必ず結果は生まれてきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました