〜1000人限定でFX無料EA提供中〜

【Masaya流筋トレ方法】1年間継続して分かった筋トレの凄さについて徹底解説してみた

筋トレ 1年間 継続人生

こんにちはmasayaです。なんだかんだ筋トレを初めて1年になりました。

恋人からマッチョな男性が好みということで、そこからジムにすぐに通い始めました。

最初の頃はジムに通うのがめんどくさかったですが、今では毎日朝から行くことが日課になっています。

今回は、私が一年間継続して分かった筋トレの凄さについてご紹介していきます。

Masaya流筋トレ方法について

筋トレ 1年間 継続

この1年間私が行ってきたMasaya流筋トレ方法についてご紹介します。

筋トレは、ただ闇雲に鍛えれば良いということではないです。

大切なのは『いかに効率よく成果を出すか』です。

私は大のめんどくさがり屋なので、いかに楽に成果を出せるようになるかを考えて取り組んでいます。

この思考は、勉強やビジネスでも活用してきましたが筋トレにも有効的でした。

『目的の選定→目標に対してプロセスを逆算→プロセスの細分化→1日のルーティン化→経過を記録し改善』

具体的にはこのような感じですね。

目的の選定→シックスパックを手に入れること
目標に対してプロセスを逆算→上半身を中心としたトレーニング+有酸素運動で体脂肪を燃焼させて痩せる
プロセスの細分化→具体的なトレーニング方法+効率の良い有酸素運動方法+毎日2回のプロテイン摂取
1日のルーティン化→曜日ごとのトレーニングメニューの作成
経過を記録し改善→記録したデータを元にフィードバックと改善

それぞれの項目について説明していきます。

目的の選定

筋トレはあくまで手段なので、将来的にどんな自分なりたいのかを考えます。

渡しの場合はシックスパックで割れている男性が好みと言われたので

『シックスパックを手に入れること』を目的にしました。

自分が将来的になりたい自分のビジョンをしっかりと掲げることが大切ですね。

しっかりとした目的を持つことで継続しやすくなります。

目標に対してプロセスを逆算

目標が決まれば、目標からプロセスを逆算していきます。

プロセスとは『目標達成のための手段』になります。

私の場合はシックスパックを手に入れることなので、

シックスパックを手に入れるためには?→上半身を中心としたトレーニング+有酸素運動

というプロセスを行えばシックスパックを手に入れられるなと考えました。

腹筋だけでは見栄えが悪いので上半身全体を鍛えていこうと思いました。

プロセスの細分化

次にプロセスの細分化です。上半身のトレーニングと言っても多種多様にトレーニング方法があるので、

これはYoutubeの筋トレ動画から自分の鍛えたい部位のトレーニング方法を学びました。

また、筋トレだけでは脂肪は燃焼されないことも知ったので、有酸素運動を行い体脂肪の燃焼も取り組みました。

そして、トレーニング後と夜寝る前に毎日2回のプロテイン摂取を行いました。

1日のルーティン化

トレーニング方法も学んだのであとは、1日に行うトレーニングをルーティン化していきます。

曜日ごとにどの部位を鍛えるのか?どのメニューを行うのか?を考えていきます。

月曜日:腹筋メニュー+有酸素運動
火曜日:腕メニュー+有酸素運動
水曜日:胸筋メニュー+有酸素運動
木曜日:腹筋メニュー+有酸素運動
金曜日:腕メニュー+有酸素運動
土曜日:胸筋メニュー+有酸素運動
日曜日:休み

最初はジムに行きたくなかったのですが、毎日のトレーニングをルーティン化したことで、

潜在意識的に無意識にジムに通い続けることができるようになりました。

何事も習慣化させることが無理なく継続できる方法になりますね。

経過を記録し改善

トレーニングをしたらしっかりと『経過を記録し改善』することが大切になります。

私はアプリなどで日々の体重や体脂肪率などを記録しますし、ジムで行ったトレーニングなども記録します。

毎日データを取っていくと数字からでしか見えない部分が多く見つかります。

その都度トレーニングに変化を加えたり、重量を上げてみたりなど行いました。

1年間継続して筋トレをした効果について

筋トレ 1年間 継続 効果

1年間継続して筋トレをした効果についてご紹介していきます。

・自信が漲る
・ポジティブ思考になる
・質の高い睡眠ができる
・女性からモテる

自信が漲る

現代社会はストレス社会とも呼ばれており、ストレスによってテストストロンが低下しがちです。

テストステロンは男性ホルモンとも呼ばれたりします。

また、年齢を重ねることによってテストステロンの量は徐々に減少していきますし、

うつ患者の7割が『テストステロン不足』だとも言われています。

つまり、多くの男性は『テストストロン不足に陥っている』ということです。

筋トレを行うことで『テストストロン』が分泌されます。

テストストロンが分泌されることで『自信』が漲ってきます。

もし自分に自信が無いと感じる人は筋トレするべきですね。

私は、仕事上どうしても目上の方とお付き合いすることが多いです。

私が年下ということで、見下されることも少なくないです。

ですが、筋トレしたことによって自信が漲っているおかげで、

堂々としていますし、年下だからと目上の方から下に見られることが少なくなりました。

ポジティブ思考になる

先程テストストロンは自信が漲ると言いましたが、テストストロンはポジティブな思考にもしてくれます。

筋トレでポジティブ思考になることで、仕事やプライベートでも前向きに行動できるようになります。

質の高い睡眠ができる

睡眠時間が少なかったり、質の低い睡眠をしているとテストストロンが低下してしまいます。

ですが、筋トレをすると質の高い睡眠ができます。

エビデンスとして2011年にオレゴン州立大学のブラッドレー・カーディナル教授が、

それを裏付けるレポートを公表しました。

2,600人の18~85歳の老若男女のアメリカ人に1週間に150分超の活発な運動を行ってもらったところ、

なんと睡眠に非常に良い影響があったことが分かりました。

睡眠の質が65%改善
日中の眠気が65%減少
睡眠中に足をつることが68%減少
日中の疲労感&集中力は45%改善

つまり、筋トレをすることで質の高い睡眠に繋がります。

女性からモテる

筋トレをやる以前と筋トレを習慣化した後では女性からモテ度の差を感じました。

テストストロンには、フェロモンが分泌されるので自然と魅力的な男性かどうかを女性は見分けることができます。

先程も言いましたが、ただでさえストレス社会で『テストストロン不足』な男性が多いので、

テストストロン大量に分泌している私と比べたら雲泥の差なわけです。

となれば、筋トレしている男性は自然と女性から魅力的な男性という対象になりやすいです。

ですので、モテないなと感じるのであれば筋トレを始めるべきですね。

2020年から男性は筋トレ習慣を身に着けよう!!

筋トレ 1年間 継続

筋トレを1年間継続してきましたが、本当にメリットが大きいなと思います。むしろ男性でやらない理由がないです。

今はストレス社会でどうしても男性のテストストロンが低下しがちです。

テストストロンが低下するとネガティブになり、仕事やプライベートも上手く行かないです。

だからこそ筋トレをしてテストストロンを大量に分泌すれば、

本来ある男としてのパフォーマンスを取り戻すことができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました