オンラインサロンは
こちら
公式ラインに登録して
無料でプレゼントをもらう

【今後に注目したい仮想通貨】まだ日本人が知らない有望な銘柄『FTX (エフティーエックス)』についてわかりやすく説明してみた

FTX (エフティーエックス)  仮想通貨お金

こんにちはmasayaです。

仮想通貨のレバレッジの取引を行おうと思っても国内取引所はほとんどレバレッジが掛けられずポンコツです。

また、法制度上によって『追証』も発生してしまいます。

そんな中でレバレッジ101倍で取引ができる海外取引所の『FTX (エフティーエックス)』があります。

まだ日本人が知らない有望な銘柄『FTX (エフティーエックス)』についてわかりやすく説明してみました。

FTX (エフティーエックス)

FTX (エフティーエックス)  仮想通貨

FTX (エフティーエックス)はデリバティブ専門の仮想通貨の取引所です。

FTX (エフティーエックス)は2019年4月にアンティグア・バーブーダに設立された

仮想通貨取引所です。運営母体はFTX Trading LTDになっています。

FTX (エフティーエックス)は他の取引所とは異なり、

レバレッジトークンと呼ばれる特別なトークンが取引できるという特徴もあります。

FTX (エフティーエックス)は仮想通貨の時価総額ランキングで33位にいます。

FTX 仮想通貨

今回は、FTX (エフティーエックス)についてわかりやすく解説していきたいと思います。

FTX (エフティーエックス)の取引種類

FTX (エフティーエックス)の取引種類をご紹介します。

レバレッジトークン

FTX (エフティーエックス) のレバレッジトークンとは、

入手すれば事前に証拠金を預けることなく信用取引を行うことができるトークンです。

FTX (エフティーエックス) のレバレッジトークンは以下の5つの種類が存在します。

名称レバレッジポジション
MOON10ロング
BULL3ロング
HEDGE1ショート
BEAR3ショート
DOOM10ショート

これらのレバレッジトークンを入手することで『証拠金の代わり』として扱えます。

レバレッジトークンで仮想通貨を購入するのではなく、

トークン自体が仮想通貨に紐付いており、倍数やポジションも決まっています。

またレバレッジトークンは日本時間の『毎朝11時にリバランス』が入るようになっています。

なのでゼロカットシステムが塞翁されており、ロスカットの心配がありません。

先物取引

FTX (エフティーエックス)は先物取引を行えます。

また通常の先物では期限が決まっているのが一般的ですが、無期限と期限付きの2つがあります。

期限付きの先物取引は、満期の日付が記してあるので、

満期日までにポジションを手放さ無い限りは自動決済が決まります。

無期限先物であれば現物価格に合わせるために毎日の資金調達率として金利手数料が発生します。

無期限先物と現物取引を組み合わせた『デルタニュートラル戦略をすることも可能』です。

Bitcoin(ビットコイン)で金利を稼ぐFundingRateを活用したデルタニュートラル戦略についてわかりやすく説明してみた
仮想通貨の稼ぎ方は様々ありますが、金利に基づいたトレード方法があります。 今回は、Bitcoin(ビットコイン)で金利を稼ぐFundingRateを活用した デルタニュートラル戦略についてわかりやすく説明したいと思います。

クアントゾーン (自動売買プラットフォーム)

2020年4月からクアントゾーンが加わり、設定次第で取引を自動売買させることが可能になりました。

取引ルールを決めるだけで、15秒に1度のトリガー判定から機械が勝手に売買を進めてくれます。

FTX (エフティーエックス)の取引所の特徴

FTX (エフティーエックス)の取引所の特徴をご紹介します。

最大レバレッジ101倍

国内取引所では最大レバレッジが2倍とほとんどレバレッジをかけることができないですが、

FTX (エフティーエックス)は『最大レバレッジ101倍』でトレードすることが可能です。

追証制度が無い

日本国内は法令関係によって『追証無しの制度を導入することができない』です。

ですので、相場の急変動によって追証(借金)が発生してしまうことがあります。

このことから『ハイレバは危険』という認識が多いのですが、

FTX (エフティーエックス)はアンティグア・バーブーダに所在を置いている取引所なので、

仮に預入金以上の損失が発生した場合であっても、

『追加の証拠金を要求されることは無い』ので借金を負う心配はありません。

ハイレバは証拠金を少なくても大きな額を運用ができ、追証も発生しないので、

むしろ小額しか持っていないトレーダーでもお得にトレードできるわけです。

FTX (エフティーエックス)のFTTトークンの特徴

FTXが発行するFTTトークンな特徴について説明してきます。

FTTトークンは先物取引の証拠金として使えます。

また、保有量が一定水準を超えると『先物取引の割引が受けられる』というメリットや

『OTC取引(店外取引)の割引が受けられる』というメリットもあります。

また、FTTトークンは『総発行数の半分になるまでバーン(焼却)』されますので、

FTTトークンが普及すればするほど需要>供給になりやすく価値が上がっていきます。

FTTトークンを保有しているだけで『キャピタルゲインを獲得すること』ができます。

FTX (エフティーエックス)が注目されている理由

FTX (エフティーエックス)が注目されている理由について詳しく説明したいと思います。

DEX(分散型取引所)のSerum(セラム)

FTX (エフティーエックス)  DEX(分散型取引所) Serum(セラム)

FTX (エフティーエックス)ではDEX(分散型取引所)のSerum(セラム)をローンチしています。

Serum(セラム)は現在のDeFi(分散型金融)の課題を解決して、

中央集権的な取引所と同等のレベルでユーザーにサービスを提供することを目的として開発されています。

Serum(セラム)は分散型自動注文板でトレーダーが注文を完全にコントロールできるようです。

また、クロスチェーンによって合成資産についてDeFiでの証拠金取引を簡単に行うことも可能のようです。

すでにSerum(セラム)の取引所の独自トークンであるSRMも大きな値上がりを見せており期待度は高いです。

Serum(セラム)を利用する場合は、SolanaのトークンであるSOLを保管するウォレットを作成する必要があります。

そしてFTX (エフティーエックス)やBinance(バイナンス)などの取引所で、

SOLを購入してウォレットに送信しウォレットをSerum(セラム)と紐付けます。

Binanceとも戦略的パートナーシップ

FTX (エフティーエックス)   Binance(バイナンス) 仮想通貨

FTX (エフティーエックス) はBinanceとも戦略的パートナーシップを組んでいます。

世界No1の取引高があるBinanceと業務提携を行っているというのは一つの信用に繋がります。

FTX (エフティーエックス)の登録方法

FTX (エフティーエックス)の登録方法について紹介します。

公式サイトにアクセス

FTX (エフティーエックス)の公式サイトにアクセスしましょう。

FTX (エフティーエックス)の公式サイトはこちら

アクセスしたら右上にある『Register』から登録ページ『SIGN UP(登録)』を開きましょう。

メールアドレスとパスワードを入力

登録フォームには

・メールアドレス
・パスワード

を入力しましょう。パスワードは英語小文字と大文字と数字を含むものにすればOKです。

二段階認証の設定

FTX (エフティーエックス)は入金してトレードする際には『二段階認証を設定する必要』があります。

右上のアカウント名タブから『Setting→Two-Factor Authentication』が設定できるので、

・Authy or Google Authenticator
・SMS

のどちらかを選んで設定しましょう。

本人確認

FTX (エフティーエックス)は本人確認のレベルによって制限などが変わります。

基本的に小額であればメールアドレスのみで大丈夫ですが、

本人確認(KYC)をすると出金制限が解除されます。

レベル本人認証制限
0メールアドレスのみ取引可能
入金無制限
最大1,000USDの出金可能
1氏名・居住国・都市の入力1日最大2000USDの出金可能
FTT取引可能
2本人確認書類の提出無制限入出金可能
3最近の住所証明、銀行取引明細書の提出貨幣の入出金可能

入金方法

FTX (エフティーエックス)の入金方法は、トレード画面にある

『WALLET』でBTCの『DEPOSIT』を選択して入金用アドレスをコピーして使いましょう。

出金方法

FTX (エフティーエックス)の出金方法は『WALLET』でBTCの『WITHDRAW』を選択して

出金したい数量・送り先アドレス・二段階認証コードを入力して送金申請しましょう。

FTX (エフティーエックス)は仮想通貨トレーダーにオススメ

FTX (エフティーエックス)は仮想通貨トレーダーにオススメですね。

基本的にレバレッジありでトレードする場合はこのFTX (エフティーエックス) を使っています。

もし興味がある方はぜひ使ってみてほしいです。

また、FTTトークンもぜひポートフォリオの一つに追加しておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました