〜1000人限定でFX無料EA提供中〜

【令和から始める】これからの時代に合った最強の働き方メソッド徹底解説してみた

これからの時代に合った 最強 働き方仕事

最近私のところにサラリーマンの方が仕事について相談に来ることが多いです。

相談の悩みとして多いのが、働いても賃金が上がらずどうすればいいのかわからないという相談です。

今回はそうした働き方に悩む現役世代の方に向けたメソッドです。

古い働き方をしていても上手く行かないのは労働力がコモディティ化しているから

これからの時代に合った 最強 働き方

多くの人が古い働き方をしており、経済的に厳しいと思っている人が多いと思います。

この古い働き方というのは、良い学校に入り良い企業でサラリーマンとして働く

今までの先人が進んできた黄金ルートです。

しかし、従来の古い働き方をしていても稼げない時代になりつつあります。

というのも、多くの仕事がコモディティ化が進んでいます。

コモディティ化とは、

『市場参入時に、高付加価値を持っていた商品の市場価値が低下し、一般的な商品になること』です。

労働力も一つの商品ですので、労働力自体がコモディティ化が進み、

働いても賃金が上がらないのはこれが原因となります。

商品の価値は希少価値で決まります。これは宝石などが良い例です。

高学歴ワーキングプアが世界中に急増

今まで優れていた知識やノウハウがあったエリートでも

近年勉強できるコストがインターネットにより下がり多くの人が、

世界最先端知識を安価で手に入れることができるので、エリートの中でもコモディティ化が進んでいます。

また学歴社会と言われていますが、高学歴ワーキングプアも世界中に急増しています。

資格取得は食いっぱぐれがないというのは嘘

特に資格などは典型的で、従来であれば資格取得は食いっぱぐれがないと言われてきていましたが、

多くの人が取得することで市場価値が下がり資格自体の価値が下がっています。

実際に士業の方達は数が溢れかえっており、以下に安くサービスをするかという安売り合戦になっています。

最強の資格である医師免許でも労働力に対して対価が釣り合っていないので辞めていく人たちも多く居ます。

つまり、資格で食いっぱぐれがないというのは昔であれば可能でしたが、今の時代は

テクノロジーの進化で労働力が無力化してしまう

テクノロジー進化によって今まであった仕事がなくなるというのも最近では多いです。

昔のパーキングエリアなどは人が改札にいましたが、今では無人化しています。

また、ホワイトカラーと呼ばれる事務職などもおそらく今後数十年で無くなってしまう可能性が高いです。

日本では外国人労働者が参入して安く買い叩かれる

日本ではコンビニやファーストフード店を見ても外国人労働者ばかりです。

というのも安価な時給で労働力を提供しているのが外国人労働者だからです。

日本は今後安価で労働力を売る外国人労働者と同じ労働市場で戦う羽目になるので、

必然的に労働力を安く買い叩かれてしまい給料が上がらないということに繋がっていきます。

これからの時代に合った最強の働き方メソッド

これからの時代に合った 最強 働き方

では、そうした労働市場の中でどうしたら稼ぐことができるのか?

従来の働き方ではなく、これからの時代に合った働き方というのもが存在します。

私が考えている理想的な働き方を今回は皆さんにもご紹介したいと思います。

まずは全体像として画像を用意しました。

これからの時代に合った 最強 働き方

結論から申しますと『自分のお金が流れる経済圏を作ること』がこれからの時代大切になります。

経済圏の要素は全て繋がり合っています。それぞれの要素について詳しく説明していきます。

従来の働き方:良い学校に入り良い企業でサラリーマンとして働く
これからの働き方:自分の経済圏を作る

本業

本業ではm基本的に今勤めている仕事で給料を貰いましょう。

意外とサラリーマンは自営業に比べて守られている部分が大きいです。

どれだけ低く見積もっても月20万円程度は本業からお金を稼ぐことができます。

そして本業のメリットはスキルや人脈が手に入ります。

仕事を通じて得るスキルや同僚、先輩、後輩などの繋がりも得ることができます。

副業

副業というと難しいと感じますが、趣味を副業としてマネタイズ化もできます。

代表的な副業は、アフィリエイトやコンテンツ販売ですね。

ベースは自分の知見をコンテンツにすることが大切です。

また、副業で得た知識やスキルを本業に役立てることも可能になります。

情報発信

情報発信はこれから非常に大切になります。

資産と聞くと多くの人は『お金、土地、不動産』などと思い浮かべますが、

それだけではなく、無形資産と呼ばれる物理的形状を持たない資産も存在します。

有形資産:実体のある資産
無形資産:物理的形状を持たない資産

その中で最近特に重要なのが『信用』です。

信用とは、お金の本質的な性質です。
今使っているお金は『日本国が発行しているという信用』があるからこそモノとお金で交換することができています。

つまり『信用=お金』といっても過言ではないです。

この信用を『情報発信を行えば、誰でも手に入れること』ができます。

情報発信で成功している例として、インフルエンサー、インスタグラマー、Youtuberなどがいますが、

彼らは情報発信を行う過程で、多くの信用をフォロワーとして資産を持っています。

SNSやYoutubeなどは誰でも始めることができるので自分たちで信用を集めることが可能です。

では、具体的にどのような情報発信をするべきなのかというと『本業や副業で自分が得た知見』を発信します。

自分が今まで本業や副業で得た経験やノウハウというのは価値ある情報です。

もしエンジニアの方であればプログラミングに関する知識を発信するのが良いですし、

営業マンの方であればセールスに関する知識を発信するのが良いです。

よりニッチな情報であればあるほど情報自体の価値が高いです。

情報発信をする過程で自分のコンテンツを販売したり、

アフィリエイトなどの広告収入を得ることができるので副業にも繋がります。

コミュニティ運営

コミュニティ運営も非常に大切ですね。今の社会は縦社会から横社会にシフトしつつあります。

縦社会と横社会の違いは以下の通りです。

縦社会:権力
横社会:繋がり

つまり、『中央集権的な社会からネットワーク社会へのシフト』しつつあります。

縦社会は、より権力のあるものが権力の低いものから吸い上げて分配しますが、

横社会は周囲にいるメンバーに必要な分を分配します。

縦社会ではお金が重視されますが、横社会では常に信用や文脈が重視されます。

つまり、ここでも信用が大切になっていきます。

趣味

趣味は基本的に自分のリフレッシュになります。

ただ最近は仕事と遊びの境界線が無くなりつつあり、趣味をマネタイズして副業として行うことも可能です。

実際にゲームが趣味の方はYoutubeで動画配信を行いYoutubeからお金を稼いでいる人も多いです。

中には旅行先で輸出入転売などで収益を得ている方も居ます。

投資

投資は資本主義社会であれば必ず行ってほしいです。

ただ投資と聞くとどうしてもFX、株式投資、不動産投資などがイメージされやすいですが、

私は自己投資が一番オススメしています。

自己投資をオススメしている理由は、お金自体は価値が目減りしますが自分の得た知識や経験は

誰にも奪うことができないので目減りしにくい資産になります。

これからの時代に合うように働き方を最適化しよう

やはり今までの仕事のやり方ではどうしても稼ぎにくい時代ですので、

ダーウィンの進化論でも言われているように

『最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるのでもない。唯一生き残るのは、変化できる者である。』

これからの時代に合うように働き方を最適化していくことが大切だと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました