〜1000人限定でFX無料EA提供中〜

【労働者階級から脱出】2040年問題で労働者は仕事を失う!?日本の若者は残り20年間で資本家階級を目指すべき!!

日本 資本家階級 若者お金

こんにちはmasayaです。

なんだかんだもう今年も残り2ヶ月ちょっとですが、私は非常に焦っています。

なぜ焦っているのかと言うと、

今後さらに資本主義社会は格差がどんどん大きくなることに危機感を感じているからです。

おそらく今から20年の生き方や働き方で自分の人生が全く変わってくると思っています。

今回は、日本の若者は早い段階で資本家階級を目指すべきというお話になります。

若いうちに資本家階級にならないと大変なことになる!?

日本 資本家階級 若者

私は周りの人達に早い段階で資本家階級になった方が良いとお話しています。

それもかなり早くならなくてはいけないとかなり葉っぱを掛けています。

AIによって資本家は労働者を雇う必要がなくなる

日本 資本家階級 若者

今までの資本主義社会は資本家が労働者を雇い、

労働力から得たリターンを資本家が得る仕組みで成り立っていました。

しかし、近年ではAIの機械学習が進み、将来的にAIが人間の知識や知恵すらも得る可能性が出てきています。

つまり、『人間の知識や知恵の価値が減少していき労働自体が無価値』になる可能性があります。

AIが発展した社会では、資本家は労働者を雇う必要が無くなっていきます。

AIによって資本家は労働者を雇わなくても、ビジネスの仕組みを手にすることができるようになるので、

資本家はどんどん裕福になり、労働者はどんどん貧しくなります。

2045年から労働者階級から這い上がる可能性が無くなる!?

日本 資本家階級 若者

2045年問題をご存知ですか?

2045年問題とは、2045年までに全人類を合わせた知能を超える知能を持ったAIが誕生するという話です。

つまり、2045年の段階で労働者階級にいる人達が這い上がる可能性が無くなる可能性があります。

また日本では巨大な下層階級のアンダークラスが新たに出現しています。

アンダークラスの平均年収は約186万円程度で、

現在のアンダークラスの人数は約930万人ですが、2025年には1000万人を突破する可能性があると言われています。

日本 アンダークラス層

これは労働者の労働力自体の価値がどんどん安くなっていることが原因で、

AIによって益々この労働力の価値が失わせる可能性があります。

日本の若者が資本家階級に上がるために今からやるべきこと

日本 資本家階級 若者

日本の若者が資本家階級に上がるために今からやるべきことを紹介しておきます。

これは私自身も実践していることですので、若者のみなさんもできることからやっていくと良いと思います。

自分のコンテンツやサービスを持つこと

多くの労働者が持っている商品は労働力しかありません。

ただこの労働力という商品の価値はどんどん下がっているので、収入もどんどん下がる可能性が高いです。

そこで大切になるのが『自分でコンテンツやサービスを持つこと』になります。

コンテンツやサービスは購入者や利用者がお金を支払えば収益が発生します。

自分の労働力を切り売りしなくてもお金が発生するわけです。

また、今の時代コンテンツやサービスはPCやスマホさえあれば誰にでも出来ます。

サイトで記事を作ったり、Youtubeで動画を作成することは誰にでもできます。

労働力を切り売りするのではなく、自分で作ったコンテンツやサービスを販売することが大切になります。

レバレッジを効かせた働き方を行うこと

レバレッジを効かせた働き方を行うことが大切になります。

レバレッジとは簡単に言うとテコの原理で『最小の労力で最大の結果を生み出すこと』が可能になります。

レバレッジの考え方はお金持ちになるためには必須条件になります。

レバレッジをする大まかなポイントは以下の2つです。

・人の労働力をお金で買うこと
・システムで自動化すること

例えば、先ほど説明したコンテンツを外注化して誰かに記事を作成してもらったり、

動画編集をしてもらったりすることで、自分が今まで行っていた作業時間が無くなり時間が生まれます。

また、無駄な作業をシステムを活用することで作業が自動化できるので時間が生まれます。

労働力やシステムを活用することで、自由な時間が生まれるのでさらに複数のコンテンツやサービスを生み出し、

コンテンツやサービスを労働力やシステムで自動化する良いスパイラルを作りましょう。

少額でも資産運用にお金を回すこと

少額でも資産運用にお金を回すことは、資本主義社会では必須になります。

投資と聞くとどうしても高額な金額がないとダメだと思っている人が多いですが、

実はそんなことはなく、数百円〜数千円で投資信託をすることも可能です。

上記2つで説明しましたが、コンテンツやサービスで得た利益から生活費以外のお金を資産運用に回していきます。

すると資産が勝手に利益を生み出してくれるようになるので、徐々にですが生活が楽になっていきます。

私が一つの基準にしているのは、資産1億円を目標にお金を集めることです。

1億円というのは資本家の入り口になります。

資産が1億円あれば、年利5%で運用した場合に年間500万円になります。

資産が1億円あるだけで、サラリーマンの年収分を何もすること無く利益から得ることができるわけです。

とにかく稼いだお金を資産運用に回しながら資産1億円になるようにしていきましょう。

今から対策するかしないかで今後の将来は大きく変化する

日本 資本家階級 若者

今から対策するかしないかで今後の将来は大きく変化すると思っています。

確かに一億円というのは大変ではあると思いますが、2040年までに20年以上時間は残されています。

生活とは別に年間500万円を投資することで、20年間で1億の資産を持つことができます。

やはり資本主義社会である以上は、必然的に資本家にならざる得ないと考えています。

若者は早い段階で労働者階級から資本家階級に上り詰めましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました