〜1000人限定でFX無料EA提供中〜

【人口減少中の生存戦略方法を紹介】すでに日本は人口減少ステージに突入しているという話

日本 人口減少経済

こんにちはmasayaです。

最近とんでもないニュースを耳にしました。なんと日本の人口が1年で50万人減少しているようです。

人口減少は、もの凄い勢いで加速度がついていますので1年ごとにどんどん減少率が上がります。

つまり、今後1年で100万人減少するのも時間の問題です。

今回は、すでに日本は人口減少ステージに突入しているという話についてです。

すでに日本は人口減少ステージに突入している

日本 人口減少

最近驚愕のニュースを耳にしました。なんと日本は『1年間で50万人の人口』が減っているんですね。

総務省は5日、住民基本台帳に基づく1月1日現在の人口動態調査結果を発表した。

国内の日本人の人口は、前年より50万5046人少ない1億2427万1318人(前年比0・40%減)と11年連続で減少。

減少幅も6年連続で広がり、1968年の調査開始以降で最大となった。

https://mainichi.jp/articles/20200805/k00/00m/040/182000c

大阪府の東大阪市や東京都の江東区あたりが50万人の人口です。

つまり、そのに住んでいる人たちが1年ですっぽり消えてしまう計算です。

以下のグラフは日本が試算している人口の推計値です。

今後日本は80年間で『8,000万人』に人口が減少する予定で『年間100万人』減少ペースとなっています。

日本 人口減少

日本 人口減少

現在はまだ年間50万人減少だから安心と思っている人たちは、もう少し危機感を持ったほうが良いでしょう。

今後、さらにスピードが上がり年間100万人を超える時期が来てもおかしくないです。

100万人は福岡の北九州市や東京都の世田谷区の人口が1年で消えます。

私が今の20代や30代に言いたいのは『これからの社会は人口減少ステージに突入する』ということです。

従来の社会:人口増加する→経済が大きく発展する
これからの社会:人口減少する→経済が大きく縮小する

従来の社会は人口が増加する社会でしたが、私たち20代や30代は人口が減少する社会で生きていかなければなりません。

2030年では日本のGDPが4位であるのに対して2050年には8位まで下がってしまうというデータまであります。

当然ですが、GDPは人口が重要ですので10年前から人口減少している日本が世界の主要国に勝てるはずがないです。

日本 人口減少

当然、生き方や働き方は当然異なっていきますし同じことをしても通用しないのです。

では、どのように人口減少する中で生存戦略していくかを考えていきたいと思います。

人口減少ステージの日本で生存戦略する方法

人口減少ステージの日本で生存戦略する方法について考えていきます。

・外貨を稼ぐこと
・言語の壁を克服すること
・フットワークが軽いこと
・資産を持つこと

外貨を稼ぐこと

日本は今後人口減少するので、当然毎年継続してお金を使ってくれるお客さんが減っていきます。

だからこそ、企業は人口減少していない先進国であるアメリカやこれから成長する新興国や発展途上国で

ビジネスを行い『外貨を稼がなければ』なりません。

今後の日本は海外市場で取引を行ったり、海外の企業とビジネスをする機会がもっと増えてくるはずです。

また、企業だけではなくサラリーマンの方も

日本の人口減少とともに消費が縮小して企業の売上が減れば『給料は上がりにくく』なりますし、

最悪の場合は、企業が倒産すると収入源が確保できない状態になります。

今日本の中で日本円を稼いでいるだけだと今後は通用しない時代に突入します。

ちなみに日本では多くの外国人労働者がいます。

実際にコンビニなどにいっても働いている人は外国人労働者の人ばかりです。

今後はそうした人が自国よりも日本で働いた方が良いと考える人は出稼ぎに来るので、

その人達と同じ給料や待遇で働かないといけなくなるわけです。

実際にコンビニでは時給が安くてもその時給で満足な外国人労働者が集まり、

逆にやる気のない日本人が要らないと言われています。

「もうコンビニに日本人はいらないよ、人によっては考えるけどさ」

都心を中心に複数のコンビニを経営する60代男性オーナーの言葉に私は耳を疑った。

別件の取材で地主など富裕層のコロナ禍に興味を持った私が、

とあるオーナーズクラブで紹介され、移動の車中でいいならと応じてくれた。

それにしてもコンビニバイトなんて万年人手不足のはず、

この未曾有のコロナ禍、それ以前の古い情報のアップデートは常に必要だと身にしみる。

少し前まで、日本人が来てくれないから外国人を雇っていたはずなのに、どういうことか。

「だって外国人は最低時給でも文句言わないし、どの国の子も真面目によく働いてくれる。

日本人は怠け者が多いし文句ばかりだ」

https://president.jp/articles/-/37880

今後、日本に留まるということはこういうことを指しています。

能力のない人たちは外国人労働者と同じ水準まで下げられてしまうということです。

今後は外貨を獲得するために早い段階からスキルアップする必要があります。

言語の壁を克服すること

人口減少ステージでは、外貨を稼がないと行けないので当然『日本語以外の語学を学ぶ必要』があります。

本格的に英語を必要とする世の中になっていきます。

中には、これから海外大学に出てそのまま海外で就職するというルートも出てくるはずです。

どこの場所でも働けるように言語の壁を克服することが求められます。

フットワークが軽いこと

現在はVUCA時代と言われているように『時代の変化のスピードが激しい』です。

当然このスピード感についていけないと時代に取り残されてしまいます。

だからこそ、何が起きても良いようにフットワークを軽くして置かなければ変化に対応することができないです。

日本社会のみにしか基盤がないというのはかなり危険ですね。

今の時代どこでも働こうと思えば働けますし、日本のパスポートは世界最強だと思っています。

どこの国でも働けることや生きていけることなどの力が必要になります。

資産を持つこと

今後人口減少していけば、日本円の価値は下がっていきます。

ですので、いかに日本円が価値が高いうちに『資産を築くことができるか』は非常に重要です。

日本円が高いうちに海外の資産を分散して持つことが大切ですね。

最低限、日本人全員がやるべきことは以下の2つです。

①積み立てNISA 
②確定拠出年金(またはiDeCo)

必ずこの2つは若いうちにやるようにしておいてください。

沈みゆく船で生き残る方法を模索し生き残れ

日本 人口減少

正直、日本は今後沈みゆく船だと思っています。人口がこれだけ急激に減っている国は日本以外にありません。

また、コロナの影響によって船の沈むスピードがどんどん早くなっています。

しかし勘違いしてはいけないのは『日本の抱える問題』『あなた自身の問題』は全く別です。

日本がどうなろうと個人がどう選択するかという問題は別問題なんですね。

日本に産まれたから日本に居続けないといけないというルールはありません。

だからこそ今から50年先に向けて何をしておかなければならないのかを

しっかりと考えておかないとその時になってからでは遅いのです。

日本を捨てて海外で生活するという選択肢も今後は当たり前のように議論されるでしょう。

だからこそ今のうちにどのような状態でも対応できるだけの力を身に着けておきましょう。

令和時代も食いっぱぐれがない20代で身につけておくべきスキル【一生食っていける】
時代はどんどん変化しており、必要なスキルが変わってきています。 今回は令和時代も食いっぱぐれがない20代で身につけておくべきスキルについてご紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました