〜1000人限定でFX無料EA提供中〜

【当てはまったらヤバい】ジャック・マーが語る貧乏マインドの人の共通点と改善案について解説してみた

ジャック・マー 貧乏マインド思考

こんにちはmasayaです。

SNSでジャック・マー氏が貧困マインドの動画が流れていました。

貧乏マインドは、中国の起業家であるアリババ創設者のジャック・マー氏が言及している思想になります。

貧乏な人は貧乏になるようなマインド(思考)を持ち合わせているので貧乏になっています。

今回は、ジャック・マーが語る貧乏マインドの共通点と改善案について解説していきたいと思います。

ジャック・マーが語る貧乏マインドの共通点

ジャック・マー 貧乏マインド

貧乏マインドとは、中国のアリババの創設者であるジャック・マー氏の思想になります。

ジャック・マー氏の企業であるアリババの時価総額はなんと40兆円という世界的に見ても大企業です。

その創設者であるジャック・マー氏が唱えた貧乏マインドについてご紹介します。

貧乏マインドの人に尽くすほど最悪なことはない。

何かを無料プレゼントしたら、「これは罠だ」と非難する。

「少額投資で大丈夫」というと、「じゃあ、儲からないじゃん」と文句を言う。

「多額の投資が必要」というと、「そんな金ない」と文句たらたら。

「新しいことに挑戦しよう」と誘うと、「経験がないから無理!」と諦める。

「伝統的なビジネスだよ」というと、「じゃあ成功しないね!」と却下される。

「新しいビジネスモデル」というと、「ああ、MLMか」と決めつける。

「店を経営してみたら?」というと、「自由がなくなる!」と主張。

「起業してみたら?」というと、「プロじゃないから無理」と受け入れない。

貧乏マインドの人たちの共通点とは、

Google検索が大好きで似たような貧乏マインドの友人の話ばっかり聞いて慰めあってる。

口先だけは、大学教授なみでも行動は、盲人以下。

彼らにこう聞いてみて、「じゃあ、あなたは何ができるの?」何も答えられないから。

私の結論は、言い訳を熱弁してる暇があったら、もっと素早く行動に移せばいい。

いつも考えているばかりよりも、何か実際にやってみたらどうか。

貧乏マインドの人は、ある共通点により人生を失敗します。

ずっと待ってるだけで、自ら何も行動しないからです。

貧乏マインドから抜け出す6つの方法

ジャック・マー 貧乏マインド

貧乏マインドから抜け出す6つの方法についてご紹介します。

・行動力を高めること。
・失敗を恐れずチャレンジすること。
・固定観念を持たず柔軟な思考をすること。
・責任転換をしないこと。
・人を批判しないこと。
・ポジティブに考えること。

行動力を高めること

貧乏マインドを持つ人は、行動力が極端に少ないです。

行動することによって『失敗と成功』がついて回ります。

大切なのは行動力を高めることです。結果を出すための方程式が私の中で存在しています。

結果=決断×行動

結果を出すためには決断と行動はセットです。決断してもそれに伴う行動が無ければ結果は出ません。

決断のみだと、それはただ自分の中で思っている『だけ』です。

まずは、自分で決断と行動をして結果を出すことから始めましょう。

失敗を恐れずチャレンジすること

貧乏マインドを持つ人は、失敗を極端に嫌います。

失敗には挫折がつきものなので、どうしても痛い思いはしたくないという考え方は同感です。

しかし、失敗を恐れるが余りチャレンジしないこともリスクであると私は思っています。

ですので、そんな人でもチャレンジしやすくなる方法は『チャレンジするハードルを低く設定すること』です。

自分が超えられないようなハードルを設定するからチャレンジした時に挫折してしまうので、

まずは、自分が超えられるようなハードルを設定してチャレンジすることが大切ですね。

固定観念を持たず柔軟な思考をすること

貧乏マインドを持つ人は、固定概念に縛られています。

固定概念を持たずに柔軟な思考をすることが大切です。

そのためには『あなたの当たり前と思っていることを再定義してアップデートすること』が大切です。

つまり、今自分の中にある常識に対して疑問符をしっかり持つことで、柔軟な思考を手に入れることができます。

私は、基本的には人に会うことや本を読むことで自分の常識を再定義してアップデートしています。

最初はどうしても自分の考え方に比重が傾きますが、

徐々に当たり前と思っていたことが当たり前ではないと気づき始めます。

責任転換をしないこと

貧乏マインドを持つ人は、失敗すると責任転嫁します。

いわゆる他責思考の人です。

他責思考とは、うまくいかないことは自分を省みることなく他の原因のせいにしてしまう人です。

他責思考の人で以下のようなことで責任転嫁します。

・人のせい
・社会のせい
・環境のせい
・政治家のせい

他責思考で他人や社会のせいにしていてもあなたの問題が解決される可能性は限りなく低いです。

他責思考では自己成長はありません。ですので大切なのは『他責思考から自責思考にシフトすること』です。

自責思考に変わることで、問題を自分の問題として捉えるようになり、

どうしたらこの問題を解決できるかという問題解決力が高まります。

自責思考は、自分をただ責めるのではなく、その問題を自分で考えて解決するということです。

人を批判しないこと

貧乏マインドを持つ人は、人を批判します。

人を批判する理由は『できない・やらない理由を探して自分を正当化』しているからです。

大切なのは『否定』から入るのではなく『肯定』から入るようにしましょう。

できない理由を探すのではなく、できるようになるにはどうしたら良いのかを考えると、自然と結果も出ると思います。

ポジティブに考えること

貧乏マインドを持つ人は、ネガティブ思考が強いです。

ネガティブ思考になっている原因は『自分に成功体験がないから』だと思っています。

自分に成功体験がないとどうしても自分自身に自信が持てなくなります。

ですので、ポジティブに考えるためにまずは自分で小さな成功体験をどんどん積み上げましょう。

すると、小さな成功体験から自信が湧いてくるので自然とポジティブ思考になることができます。

貧乏マインドから抜け出し金持ちマインドを手に入れる

ジャック・マー 貧乏マインド

貧乏マインドの逆の思考を持つことができれば、誰でも金持ちマインドを手に入れることができます。

また、貧乏マインドは周りに感染していきます。どんどん周りの人を貧乏マインドに伝染させていきます。

もしあなたが、成功者に成りたいと思うのであれば貧乏マインドの考え方をしている人と関わらないことは大切です。

大切なのは金持ちマインドを持っている人の環境に入って、良い影響をたくさん吸収することです。

すると自然と金持ちマインドが身につき、成功者の一歩を歩めるようになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました