オンラインサロンは
こちら
公式ラインに登録して
無料でプレゼントをもらう

【今後に注目したい仮想通貨】まだ日本人が知らない有望な銘柄『UMA(ウーマ)』についてわかりやすく説明してみた

UMA(ウーマ) 仮想通貨仮想通貨

こんにちはmasayaです。

DeFi(分散型金融)のプラットフォームに必要なのはオラクルサービスです。

オラクルサービスの中で注目を浴びているのがChainLink(チェーンリンク)です。

しかし、オラクルサービスを利用するたびにコストが発生してしまいます。

その手数料を安く抑えることができるサービスを展開するのがUMA(ウーマ)です。

今回は、まだ日本人が知らない有望な銘柄『UMA(ウーマ)』についてわかりやすく説明してみました。

UMA(ウーマ)

UMA(ウーマ) 仮想通貨

UMA(ウーマ)とはあらゆる資産に連動するトークンを作成できる仮想通貨になります。

UMA(ウーマ)によって通常では仮想通貨市場にない資産をトークンとして再現して取引することが可能になります。

UMA(ウーマ) 仮想通貨

UMA(ウーマ)はシンセティックトークンビルダーを利用して、

あらゆる資産をERC20トークンを作成することが可能です。

現在UMA(ウーマ)は仮想通貨の時価総額ランキングで50位です。

UMA(ウーマ) 仮想通貨

今回はUMA(ウーマ)についてわかりやすく説明していきたいと思います。

UMA(ウーマ)の仕組み

UMA(ウーマ)はシンセティックトークンを用いて

様々な資産をトークン化できると話しましたが具体的な内容をお伝えします。

まず、シンセティックトークントークンビルダー(DApps)でトークンを作成して、

このトークンファシリティにDAIを預け入れして、

DAIに担保されたシンセティックトークン(合成資産トークン)を発行することが可能です。

UMA(ウーマ) DeFi(分散型金融)

UMA(ウーマ)の利用するユーザーは自分の持っている仮想通貨を預けて

それを担保にして他のステーブルコインなどを借りたりすることができます。

この担保される評価の基準は『預けている仮想通貨のボラティリティ』によって変わります。

ボラティリティが低い場合は『担保している時価総額に近い額の金額を借りることができる』反面で、

ボラティリティが高い場合は『少ない額しか借りることができない』です。

その際の担保に対しての評価額をシステム側がどのように決めているのかというと

ChainLink(チェーンリンク)などのオラクルサービスの価格を参照しています。

しかし、DeFiのプラットフォーム側は、ChainLinkに価格を参照のための『利用手数料を払う必要がある』のです。

UMA(ウーマ)はこうしたオラクルサービスを利用せずに済むサービスを展開しています。

ChainLink(チェーンリンク)については以下の記事を参照してください。

【今後に注目したい仮想通貨】まだ日本人が知らない有望な銘柄『ChainLink(チェーンリンク)』についてわかりやすく説明してみた
ChainLink(チェーンリンク)は時価総額ランキングでも上位に君臨していますが、 日本ではあまりまだ理解されていませんし、認知もされていない銘柄の一つです。 今回は、まだ日本人が知らない有望な銘柄『ChainLink(チェーンリンク)』についてわかりやすく説明してみました。

UMA(ウーマ)はシンセティック・トークンがあり、

これは実際に預けた資産に対してトークンをEthereum(イーサリアム)上で発行して、

実際の資産価値と連動することで担保の評価を行う仕組みがあります。

そして、その担保の評価額が割れている場合に判断する『清算者』という第三者のユーザーがいます。

トークンファシリティは誰もが担保されているかどうかを確認することが可能です。

UMA(ウーマ) 仮想通貨

もし、清算者が間違っている場合は報酬を失って代わりに借りている人に報酬が入ります。

逆の場合は借りている人のデポジットされている残高からペナルティとして没収されます。

UMA(ウーマ) 仮想通貨

清算者はどのように担保の評価額を査定しているのかというと、

ChainLink(チェーンリンク)などの価格をベースにして判断しています。

つまり、担保して評価する際にはオラクルサービスは利用せずに清算する場合のみに

オラクルサービスを利用するのでコストが半分になるということです。これがUMA(ウーマ)の仕組みになります。

UMA(ウーマ)が注目されている理由

UMA(ウーマ)が注目されている理由について解説したいと思います。

DeFi(分散型金融)

UMA(ウーマ) DeFi(分散型金融)

UMA(ウーマ)はDeFi(分散型金融)とも非常に相性が良いです。

例えば、DeFi(分散型金融)のプロジェクトであるCompoundで一部のDAIをCompoundに預けて、

他の人に借りられるようにすることができます。これにより預けた人は利息が発生します。

これを行うと、利息が発生するaDAIトークンが与えられます。

CoinBase(コインベース)に上場済み

UMA(ウーマ) CoinBase(コインベース) 上場

米国最大の取引所であるCoinBase(コインベース)に上場済みです。

CoinBase(コインベース)は仮想通貨の取引所の取引高を見ても3位にいます。

UMA(ウーマ) CoinBase(コインベース) 上場

RenVMとのパートナーシップ締結

UMA(ウーマ) RenVM

UMA(ウーマ)は全てのDAppsにブロックチェーン間の流動性へアクセスを提供するRenVmと共同で、

流動性マイニングの報酬プログラムに加えてuUSDと呼ばれる

BitCoin(ビットコイン)を利用した利回りドルを立ち上げています。

RenVMについては以下の記事を参照してください。

【今後に注目したい仮想通貨】まだ日本人が知らない有望な銘柄『RenVM(レンブイエム)』についてわかりやすく説明してみた
最近の仮想通貨はDeFi(分散型金融)がトレンドですが、 そのDeFi(分散型金融)の波に乗っかっているのがRenVM(レンブイエム)です。 RenVM(レンブイエム)は相互運用性のプロトコルであり、 誰でもどこでもブロックチェーン間で仮想通貨を交換させることが可能です。 今回は、まだ日本人が知らない有望な銘柄『RenVM(レンブイエム)』についてわかりやすく説明してみました。

uUSDは、2020年7月に発売されたyUSDと呼ばれるイーサリアムに裏打ちされたイールドドル(※ドル収益やドル利回りを指す)に続くUMAの2番目のイールドドル製品です。

オラクルサービスを劇的に変化させるUMA(ウーマ)

UMA(ウーマ)はすでに成長しているプロジェクトですが、今後さらに大きくなる可能性が高いと思います。

現在オラクルサービスを展開するChainLink(チェーンリンク)などのサービスを

UMA(ウーマ)がどうやって変えていくのかがこの先注目です。

UMA(ウーマ)をぜひポートフォリオの一つに追加しておきましょう。

仮想通貨
\記事が役に立ったらシェアしてね/
my life hackをフォローしてね
公式ラインに登録するだけで豪華特典プレゼント中

私が人生を攻略するために活用した

合計100万円相当ノウハウやツールを

公式ラインに登録するだけで無料でプレゼントします!!

・The Simple Template
・バイナリーオプションシステム詰め合わせセット
・FX順張りトレードシステム
・FX逆張りトレードシステム
・武器としてのテクニカル分析
・Pinterest運用初心者の教科書
・Instagram運用初心者の教科書
・人生ハック理論

また、私が20代前半で

月100万円以上稼いだサクセスストーリー付きです!

・これからの人生に悩んでいる…。
・どのように進んでいいかわからない…。
・何をやれば将来が良くなるのかわからない…。
・自由な生活を送るためにどうしたらいいのかわからない…。
・お金を稼ぎたいけどどうやったらいいのかわからない…。

そんな人は私と一緒に人生を攻略しましょう!

my life hack

コメント

タイトルとURLをコピーしました