〜1000人限定でFX無料EA提供中〜

【あなたは賛成?反対?】2万人を対象としたPCR検査を一斉に行う世田谷モデルがSNSで賛否両論になっている話について

日本 コロナ 世田谷モデル経済

こんにちはmasayaです。

東京都の世田谷区では2万人にPCR検査を一斉に行う『世田谷モデル』を実施するようです。

SNSを見ると素晴らしい対応だという意見もあれば、無意味な対応だという意見が分かれているようです。

今回はこの世田谷モデルについて私なりの意見をまとめました。

2万人を対象としたPCR検査を一斉に行う世田谷モデルを実施する

日本 コロナ 世田谷モデル

2万人を対象としたPCR検査を一斉に行う世田谷モデルを実施するようです。

東京都世田谷区は、区内すべての介護施設職員や保育士ら計約2万人を対象に、

発熱など症状の有無にかかわらず、新型コロナウイルスのPCR検査を一斉に行う方針を固めた。

総額約4億円の費用は公費負担とする。厚生労働省によると、自治体による無症状者への大規模検査は異例。

区幹部らによると、検査対象は、

区内で勤務する介護職員や保育園・幼稚園の職員、特別養護老人ホームの新規入所者。

9月開会の区議会定例会で関連事業費を盛り込んだ補正予算案が可決されれば、

区は施設ごとに希望者を募り、検査を開始する。検査完了には約2か月かかるとみている。

区内では、区医師会と世田谷保健所が1日最大300件を検査している。

ただ、対象は発熱などの症状があり、医師や保健所が必要と判断した人や、感染者の濃厚接触者に限られている。

区内の累計感染者数は1565人(22日時点)に上り、幼稚園や福祉施設20か所以上で感染者が出ている。

区は、無症状者が自覚のないまま感染を広げている可能性があるとして、一斉検査が必要と判断した。

保坂展人区長は7月下旬、「いつでも、どこでも、何度でも受けられる『世田谷モデル』を目指す」と表明。

複数人の検体を混ぜてまとめて検査し、陰性の場合は全員を陰性と判断する「プール方式」を導入し、

検査能力を1日3000件に向上させる考えを示している。

https://www.yomiuri.co.jp/national/20200824-OYT1T50054/

世田谷モデルを図式化したものは以下の画像になります。

新型コロナ PCR検査 世田谷モデル

SNSの中には以下のようなコメントをしている人もいました。

・世田谷区モデルは東京全体でするべきだ!!
・素晴らしい対応だ!!
・世田谷区は安心できる!!

しかし、個人的には世田谷モデルは今までの日本の事例を見るとハイリスクだと思っています。

今回はこの世田谷区モデルについて私なりに考察していきます。

世田谷モデルを実施することで今後で起こり得ること

日本 コロナ 世田谷モデル

世田谷モデルを実施することで今後で起こり得ることを私なり考えてみました。

今までの日本の事例を考えれば当然起こり得ることだと思います。

こうした起こり得ることを考えた上でもう一度考えるべきだと思います。

世田谷区に対しての魔女狩りや村八分が始まる

私個人は感染することが『悪』だとは思っていませんが、未だに感染することが悪だと考える人も中にはいます。

もちろん陽性者が増えることで、テレビやメディアは良いネタと考えていると思いますので、

『世田谷区でPCR検査で〇〇人陽性者が!!世田谷区は危ない!!世田谷区は危険だ!!』という報道をおそらくするでしょう。

するとテレビなどを見た国民が世田谷区民に対しての『魔女狩り』『村八分』も当然発生すると思います。

世田谷区に行くな!世田谷区民は来るな!と必ずなりますよ。

むしろコロナで重症化するリスクよりもこうした魔女狩りや村八分に遭遇して

被害にあうリスクのほうが高いと思います。

【コロナより人間の方が怖い】日本人が恐れているのはコロナそのものではなく村八分にする人間に恐れている話
最近コロナの新規感染者数が増えているとメディアが各局報道していますが、 そうした情報に過敏に反応した人たちが、周りに感染した人を村八分や魔女狩りするケースが増えています。 今回は、日本人が恐れているのはコロナそのものではなく村八分にする人間に恐れている話です。

世田谷の飲食業界やサービス業界が壊滅する

当然魔女狩りや村八分が進むと国民は世田谷区に行く人達が減ってしまうので、

飲食業界やサービス業界が壊滅する可能性が非常に高いです。

また、陽性者が1人でも出た企業や組織は機能がダウンします。

検査対象に保育園が入っているので、区内の保育士で仮に陽性者出た場合は『保育園は休園』になるので、

子供が預けられない家庭は仕事ができなくなる可能性がありますね。もちろん介護施設も同様かなと思います。

医療逼迫に繋がる可能性

そもそもPCR検査するにしても医療従事者が行うわけであり、

貴重な医療従事者のリソースや病床の確保などできなければ現場の混乱を招くき医療資源を無駄に使うことになります。

PCR検査をするなということではなく、むやみなPCR検査は返って混乱を招くだけだと思っています。

PCR検査を『いつでも、どこでも、何度でも受けられる』と言っていますが、そんなことをやる国はないです。

PCR検査は『感染の疑いのある人』にするものだからです。

また、世田谷モデルと世田谷区医師会PCR検査センターは全く関係ないと発言しています。

世田谷モデルは別の事業であり、医師会員の出務協力及び義務などはありませんと書いています。

世田谷モデル 世田谷区医師会PCR検査センター

わかりやすく説明すると、

世田谷モデルは『単にPCR検査をやりたい人のニーズを満たすため』の人気取りでやるものであり、

医療的には無意味であり、世田谷区医師会PCR検査センター側は医療機関が圧迫しないためにも

『絶対に手伝わない』と発言しているということです。『医療的検査』『社会的検査』は全くの別物です。

医師会のほうが圧倒的に正論を言っていると私は思っています。

公費負担なので最終的に国民がツケを払うことになる

世田谷区のPCR検査は公費負担になっているので、最終的に国民がツケを払うことになります。

2万人に対して1回のPCR検査をするだけでなんと『4億円』の税金が使われます。

ちなみに世田谷区長さんは『いつでも、どこでも、何度でも受けられる』と言っていますので、

複数回のPCR検査を実施したり、検査対象者を拡大することでどんどん必要なお金が高くなっていきます。

世田谷モデルは一瞬の安心感を得るだけで大きな混乱を招くだけで愚策だと思う

日本 コロナ 世田谷モデル

結局は『一瞬の安心感だけ』で多額の予算をつぎ込んで、世田谷区の自体を崩壊させる結果に繋がると思います。

PCR検査をして安心して賛成すると思っている人たちの多くは、

根底に『コロナは根絶できるもの』だと思っているのではないのかな?と思っています。

結局は国民の精神的な不安感をPCR検査するという行為によって安心感を委ねているだけのことだと思っています。

そもそも日本は各国よりもうまく感染症対策しているのにも関わらず、

国民がメディアに煽られて他国よりも過剰にコロナに対して恐怖感を持っているんですよね。

日本 コロナ 恐怖

PCR検査はあくまでも『検査』であって感染を防げるわけでも、治療できるわけでもないんですよね。

無尽蔵にPCR検査をやることの無意味さを医師会の方たちも言及しています。

仮にやるとして以下のリスクを許容してまでやるべきなのかどうかをもう一度考えたほうが良いと思いますね。

・無駄に税金をつぎ込み国民の税負担が高くなるリスク
・飲食業界やサービス業界を崩壊させて職を失うリスク
・世田谷区民を村八分や魔女狩りさせられて孤立するリスク

無駄に安心感を得るためだけに税金や経済を崩壊させることのほうが『むしろリスク』だと思っています。

結局、区長を選挙で選んだのは、世田谷区民なのでこのまま間違った方向に進んでいく感じですかね。

世田谷モデルの中止の署名活動をしているようなので、もし反対な方は署名をお願いします。

世田谷モデルの中止の署名活動はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました