オンラインサロンは
こちら
公式ラインに登録して
無料でプレゼントをもらう

【日本もコロナ騒ぎをそろそろ終了すべき】イギリスはワクチン接種でコロナ規制緩和し勝利宣言した話

経済

こんにちはmasayaです。

イギリスはワクチン接種をして感染者が急増していますが、

死亡者数や重症者数の抑制の効果が現れたことでコロナ規制撤廃して勝利宣言を出しています。

海外ではそうした状況であるのにも関わらず、日本は未だに感染者数の増減に一喜一憂しているような状態です。

今回は、イギリスはワクチン接種でコロナ規制緩和し勝利宣言した話についてです。

イギリスはワクチン接種で規制緩和し勝利宣言

イギリスはワクチン接種で規制緩和し勝利宣言しました。

英国ではこれまで感染状況にあわせて段階的に規制を緩和し、

飲食店の店内営業もできるようになるなど経済が平時に戻りつつあった。今回が事実上、最後の規制緩和となる。

公共交通機関などで義務付けられていたマスク着用ルールを撤廃するほか、

コロナ危機中ほぼ営業を禁止されていたナイトクラブも含め全ての事業者の再開を認める。

店内やイベントでの入場人数の制限もなくし、

人と人との距離(ソーシャルディスタンス)に関する規制も撤廃する。政府による在宅勤務の奨励も終了する。

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGR05CLJ0V00C21A7000000/

今回の規制緩和の項目は以下のとおりです。

・公共交通機関や室内などのマスク着用義務廃止
・ソーシャルディスタンスの廃止

・在宅勤務推奨の終了
・ナイトクラブを含めすべての事業者の営業再開
・店内や式典、イベントの入場人数制限などの廃止
・2回目ワクチン接種の海外からの入国時の隔離一部撤廃を検討

イギリスの新規陽性者数は日本の人口比で『日本の40倍』です。

人口、新規陽性者数、死亡者数などの直近のデータを比較しました。

イギリス日本
人口約6,665万人(2019年)約1.263億 (2019年)
新規陽性者数約25,000人約1,500人
死亡者数約18人約22人

そうした状況下で、ジョンソン首相はほぼ全ての規制を撤廃し普通の生活に戻ることを宣言して、

このウイルスと一緒に暮らすことを学ぶときと述べています。

以下はイギリス、日本、世界の100万人あたりの陽性者数のデータです。

陽性者数を見る限りではイギリスはワクチン接種をしている状況でも増加傾向にある一方で、

イギリス、日本、世界の感染者数のデータ

以下は、イギリス、日本、世界の100万人あたりの死亡者数のデータです。

日本とほぼ変わらないような死亡者数になっていることがわかります。

イギリス、日本、世界の死亡者数のデータ

このデータからイギリスは、ワクチン接種が進んでいるが『陽性者が増えても死者は確実に減っている』ですね。

そもそもワクチンは最初から『重症化防止が目的』だったわけです。

一部の専門家やマスコミが感染予防効果や集団免疫を過度に推したことによってワクチンの目的がブレたんですよね。

本来のワクチン接種の目的:重症化防止
間違ったワクチン接種の目的:感染予防効果や集団免疫

本来の目的から考えれば『ワクチン接種の効果があることが証明』されています。

日本は未だに一部の専門家やマスコミが、感染者数が増加によって感染者数が減らないから緊急事態宣言を出せとか、

デルタ株などで煽ってきますが、イギリス同様に『ワクチン接種の効果がすでに出て』います。

すでに65歳以上の高齢者のワクチン接種の割合も1回目は70%近くまで来ています。

2回目も37%と徐々に進んでいています。今月中に高齢者の接種は完了します。

以下は日本国内の感染者数です。

しかし、日本国内の死者数を見るとほとんど死者数は減っています。

 

一回のワクチン接種でも効果がありますし、2回目のワクチン接種も進めばもう終了ですよ。

要するに元々もワクチン効用である重症化を減らすことができれば、

それはもう『ただの風邪と同等であるわけ』です。

未だに勝利宣言しない日本の愚かさ

イギリスの1/40しかない日本はどう考えても勝利宣言できるレベルなのですが、

未だに『欲しがりません勝つまでは』を続けようというコロナそのもののウイルスの被害というよりも

『政府、専門家、マスコミによる人災によるダメージがどんどん大きな状態』になってきています。

営業時間短縮の命令に従わなかった飲食4店に対して『25万円の過料』を決定したり、

東京都は6日、新型コロナウイルスの緊急事態宣言下で営業時間短縮の命令に従わなかった飲食4店について、

裁判所が各25万円の過料を決定したと発表した。

宣言や「まん延防止等重点措置」に伴う命令違反で過料が確認されたのは全国初とみられる。

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCC066GH0W1A700C2000000/

田村労働相は『酒類提供時間を守っていない飲食店に場合によっては過料を取る』ということも発言しています。

憲久厚生労働相は6日の閣議後の記者会見で、

まん延防止等重点措置の適用地域で酒類の提供時間を守っていない飲食店について

「場合によっては過料ということもある」と述べた。制限強化の必要性を示した。

過料は対象地域の都道府県知事が時短営業を要請・命令した上で従わない事業者を対象に

20万円以下を科すことができる。

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA0626Z0W1A700C2000000/

国民が監視して違反している飲食店を指導するという政府自ら『国民を飲食店警察』のように仕向けているんですよね。

政府は2日、新型コロナウイルス対策の強化に向け、

飲食店の感染対策状況を利用客が報告する新たな仕組みを導入すると発表した。

感染対策の「第三者認証制度」の基準が守られているかグルメサイトのアンケートに回答し、

国から情報提供を受けた都道府県が「違反店」を指導する。7月中の開始を目指す。

https://news.yahoo.co.jp/articles/1573345be9b79d333250e4538ee8eaa487b0fb4b#

東京都はというと飲食店での酒類提供を原則停止するという要望を出しているんですね。

東京都は政府が定める新型コロナの基本的対処方針について、

飲食店での酒類の提供を「原則停止」とするよう要望しました。

東京都によりますと、要望は西村経済再生担当大臣と田村厚生労働大臣あてにきょう提出されました。

現在の基本的対処方針では「一定の要件を満たせば可能」としている飲食店での酒類の提供について

「原則停止」とし、より強力な措置内容にすることを求めています。

https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4309465.html

しかも挙句の果てには『東京都は4度目の緊急事態宣言を発令』すると言っているんですね。

政府は7日、新型コロナウイルス特別措置法に基づく緊急事態宣言を東京都に再発令する方針を固めた

適用中の「蔓延(まんえん)防止等重点措置」が11日に期限を迎えるが、12日以降は宣言に格上げし、

飲食店に対して酒類提供の停止を要請するなど対策を強化する。

期間は8月22日までとする方向で、8日の対策本部で決定する。

これに伴い今月23日開幕の東京五輪は原則無観客となる公算が大きくなった。

沖縄県に今月11日までの期限で発令中の宣言も8月22日まで延長する。

政府は東京に関し、当初は重点措置の期間を延長する方向で調整していたが、

7日の新規感染者数が920人となるなど感染再拡大が顕著となり、

早期の対策強化が必要だと判断した。東京への宣言発令は4回目となる。

https://www.sankei.com/article/20210707-PBDOEEOFFZP3JHT4WIXEAUDSUU/

日本でもワクチン接種の効果が現れつつある中で、

いつまで『酒類提供飲食店への無意味な制約』を続けるのかという感じです。

以前も言っているのですが『コロナの対策が手段の目的化』しているんですね。

元々コロナ対策の目的というのは『死亡者や重症者を減らすこと』であったのに

今では『アルコールを自粛しよう』とか『飲食店を時短営業させよう』にすり替わっているんです。

①死亡者や重症者を減らそう!!
②死亡者や重症者を減らすために→医療崩壊を防ごう!!
③医療崩壊を防ぐために→感染者を減らそう!!

④感染者を減らすために→人流を減らそう!!
⑤人流を減らすために→飲食店は時短しよう!!
⑥飲食店は時短するために→アルコールを自粛しよう!!
【アルコールを悪者にするな】オリンピック会場での酒類販売問題について【コロナ対策が手段の目的化になっている】
こんにちはmasayaです。 オリンピック会場で観客への酒類販売でSNSでは揉めていましたが、 そもそもアルコールの販売の有無は全く根本的な問題ではありません。 今回は、オリンピック会場での酒類販売問題についてです。 ...

死亡者や重症者が減っているのであれば何も問題ないはずなのに『手段が目的化』してしまっているせいで、

国民も『感染者を減らさなければ』と思ったり『自粛しなければ』となっているんです。

頑張る目的ははそうしたことではないんです。何度も言いますが『重症者や死亡者を減らすこと』が目的なんです。

そろそろ本来の目的に戻って考えるべきじゃないのかと思います。

日本が勝利宣言できないのは感染することが悪であると謳っているから

ワクチン接種で日本は勝利宣言どころか超勝利宣言できるのに

結局は『コロナに感染することが悪である』という状態が続いているのが原因なんですね。

なぜ、感染することが悪であることが日本では未だに続いているのかと言うと、

・ワクチン接種が進んでいるのに未だに政府や知事は感染者数をメインに扱っているから
・テレビなどマスコミでも感染者数の増減をメインの報道として取り扱っているから
・感染することで濃厚接触者も隔離などと周りの人に迷惑をかけてしまうから

感染することが悪というのは『コロナ脳を作り出している根源』でもあります。

日本には『周りに迷惑をかけてはいけない』という文化や風潮があります。

感染すると村八分や魔女狩りのようにされてしまう可能性があり、そうした感染することが悪によって、

村八分や魔女狩りを恐れて絶対に感染しては行けないという『コロナ脳を作り出しているわけ』です。

日本 コロナ 村八分 魔女狩り

 

本来なら感染しても風邪引いて症状が悪化しなくてよかったねというのが正しい状況ですよね。

周りに迷惑をかけるから感染するな!!自粛しろ!!というコロナ脳を作り出しているのは、

『感染することを悪』だと日本は未だに考えているからです。

日本は早く『感染することが悪という定義』をやめて、

『重症化』『病床使用数』などの別の物差しで緊急度合いを判断する必要があります。

日本は早く勝利宣言して経済を立て直すべき

ワクチンのおかげで高齢者は重症化しなくなったので『新型コロナは名実ともにただの風邪』になりました。

そもそも日本は海外の被害に比べて、ワクチン接種が無くても勝利宣言するレベルであるのにも関わらず、

コロナ騒ぎを続けたい連中が騒ぎを続けたことで、

本来やらなくてよい自粛、経済規制を続けているという馬鹿な国なんですよ。本当に。

重症化する高齢者へのワクチン接種が普及したことで『日本はもう100%詰みが確定している状態』なんですよ。

本当に日本政府やマスコミに今後やってほしいことを一覧にしました。基本的にイギリスに続いていけば良いです。

イギリスよりも被害は少ないんだから、日本でも余裕でできます。

①コロナを5類相当に格下げをする
②マスコミの陽性者のカウントを止めて重症化などをベースに報道する
③無意味な自粛の撤廃する
④飲食店などの時短や酒類提供などの規制緩和する

⑤マスク着用の撤廃して新しくルールを作る

世界的に被害が少ない日本は平常化すれば良いと思っています。

日本で感染がもっと多いのは、かかっても無症状が多い20代です。

彼らが感染したところで重症化になりませんし、

コロナ 若者 重症化

死亡することも無いです。

コロナ 若者 重症化

ワクチン接種も重症化しやすい高齢者の多くが打ち終えてきているのだから、

いい加減『陽性者数のカウントはやめた方が良い』と思います。ただ国民に『恐怖を煽るだけだから』です。

また、まん防の延長したり、緊急事態宣言出せとか本当にふざけるなと言いたいですよ。

過剰な自粛による副作用が日本の未来を潰していることに気づかない

一部の政治家や専門家たちには退いてもらいたい限りです。

あと2ヶ月ぐらいでワクチン接種の希望者は打ち終わるのでそこで『日本のコロナ禍は終了』です。

それよりも早く経済を建て直さなければ日本だけが貧乏くじを引くような状況になりますよ。

経済
\記事が役に立ったらシェアしてね/
my life hackをフォローしてね
公式ラインに登録するだけで豪華特典プレゼント中

私が人生を攻略するために活用した

合計100万円相当ノウハウやツールを

公式ラインに登録するだけで無料でプレゼントします!!

・The Simple Template
・バイナリーオプションシステム詰め合わせセット
・FX順張りトレードシステム
・FX逆張りトレードシステム
・武器としてのテクニカル分析
・Pinterest運用初心者の教科書
・Instagram運用初心者の教科書
・人生ハック理論

また、私が20代前半で

月100万円以上稼いだサクセスストーリー付きです!

・これからの人生に悩んでいる…。
・どのように進んでいいかわからない…。
・何をやれば将来が良くなるのかわからない…。
・自由な生活を送るためにどうしたらいいのかわからない…。
・お金を稼ぎたいけどどうやったらいいのかわからない…。

そんな人は私と一緒に人生を攻略しましょう!

my life hack

コメント

タイトルとURLをコピーしました